Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 巡検学習・フィールドワーク学習の理論と実践

巡検学習・フィールドワーク学習の理論と実践

地理教育におけるワンポイント巡検のすすめ

巡検学習・フィールドワーク学習の理論と実践

1単位時間程度で,学校周辺を少数の事象に絞って行う「ワンポイント巡検」の実施方法がわかる本。実践に役立つ事例が多数。

著者 松岡 路秀 他編
今井 英文 他編
山口 幸男 他編
ジャンル 地理学 > 巡検ガイド
教育・教材 > 教育研究
出版年月日 2012/12/20
ISBN/JAN 9784772252652
判型・ページ数 A5・290ページ
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第1章: 巡検学習,フィールドワーク学習の基本的考察
 1.巡検等の学習の基礎的考察とワンポイント巡検の提唱(松岡路秀)
 2.学習指導要領におけるフィールドワーク学習、巡検学習(今井英文)
 3.高校地理の教科書記述におけるフィールドワーク学習(戸井田克己)
 4.中学校における地理教育巡検の実態と課題(牛込裕樹)
 5.フィールドワーク学習の実施状況と教員の意識(宮本静子)
 6.巡検における観察の視点について(中牧 崇・清水幸男)
 7.巡検学習における生徒の地理的観察力の分析(八田二三一)
 8.巡検学習の評価(松岡路秀)
第2章: 地理教育におけるワンポイント巡検の実践的考察
 中学校における実践(松岡路秀・中里裕昭,茂田井一人,井上貴司)
 高校における実践(今井英文,山内洋美)
 大学の地理教育における実践的考察(中牧 崇)
 ワンポイント巡検の総括的考察(今井英文)
第3章: 地理教育,他教科等における巡検学習,フィールドワーク学習の実践的考察
 中学校における実践(宮本静子,今野実土里,八田二三一,横山 満)
 高校における実践(内田 均,常井仁美,竹中初男,西木敏夫,寺尾隆雄,井上貴司,山本 實)
第4章: 教員養成,生涯学習における巡検学習,フィールドワーク学習の考察(山口幸男,伊藤裕康,深見 聡)
第5章: 巡検学習活性化のための提案(松岡路秀)

このページのトップへ

内容説明

全国地理教育学会が提唱する「ワンポイント巡検」とは,1単位時間程度で,学校周辺を,少数の事象に絞って行う地理教育巡検のこと。ワンポイント巡検の実施方法の詳細を解説した本。テーマの立て方,観察ポイントの設定方法,ルートの決め方,事前授業で行うこと,巡検実施にあたっての注意事項,事後の対応と評価方法などを,多数の実践事例とともに紹介する。

このページのトップへ

関連書籍

地理教育研究の新展開

地理教育研究の新展開

新しい地理教育の捉え方・内容を指し示す

 
KOKON フィールドノート 黄色

KOKON フィールドノート 黄色

正確な2ミリ方眼で記入しやすい野外用手帳

 
 

このページのトップへ