Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 都市社会地理学 改訂新版

都市社会地理学 改訂新版

都市社会地理学 改訂新版

社会ネットワーク,コミュニティ,ジェンダーなど都市における社会的諸現象を考察した名著がさらにグレードアップ。

著者 ポール・ノックス
スティーヴン・ピンチ
川口 太郎
神谷浩夫
中澤高志
ジャンル 地理学 > 人文地理
観光・地域・まちづくり > 都市研究
出版年月日 2013/03/20
ISBN/JAN 9784772252669
判型・ページ数 菊判・396ページ
定価 本体7,500円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第1章: 社会地理学と社会-空間弁証法
第2章: 都市生活の経済的背景の変化
第3章: 都市の文化
第4章: 社会空間的分化のパターン
第5章: 空間的枠組みと制度的枠組み:市民・国家・市民社会
第6章: 建造物の供給と都市環境の社会的生産
第7章: 近代アーバニズムの社会的特性
第8章: セグリゲーションとコングリゲーション
第9章: 近隣・コミュニティと場所の社会的構築
第10章: 都市の環境と行動
第11章: 身体・セクシュアリティ・都市
第12章: 居住地移動と近隣変化
第13章: 都市の変化と紛争
第14章: 都市社会地理学のゆくえ:最近の展開
用語解説/索引/文献

このページのトップへ

内容説明

社会ネットワーク,コミュニティ,ジェンダーなど都市における社会的諸現象を考察した名著がさらにグレードアップ。リーマンショックなどを事例にグローバル化や新自由主義の台頭,体制の変化について追補。思想家・論点・動向に関する61項目のコラムを新設。30ページにわたる約600項目の用語解説も役立つ。

このページのトップへ