Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > MANDARAとEXCELによる市民のためのGIS講座 第3版

MANDARAとEXCELによる市民のためのGIS講座 第3版

地図化すると見えてくる

MANDARAとEXCELによる市民のためのGIS講座 第3版

「見える化」させるならフリーソフトMANDARA.最新バージョンにあわせた第3版登場。もっとMANDARAを使おう!

著者 後藤 真太郎 他著
谷 謙二 他著
酒井 聡一 他著
ジャンル GIS・リモートセンシング > 操作マニュアル
大学テキスト > GIS
出版年月日 2013/06/20
ISBN/JAN 9784772241625
判型・ページ数 B5・216ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第1章: MANDARAの特徴と地図データ -さまざまな地図の紹介
第2章: MANDARAで地図をつくろう① -MANDARAで階級区分図をつくる
第3章: MANDARAで地図をつくろう② -階級区分を考える
第4章: コンビニエンスストアの分布図 -競合店の多いコンビニを探す
第5章: 地価分布図の作成 -国土数値情報の地価公示データの利用
第6章: 東京都八王子市の土地利用変化 -国土数値情報の土地利用メッシュデータの利用
第7章: 地域の火災危険度と消防施設の立地 -防災関連データの利用
第8章: 水質調査マップの作成 -現地調査データの地図上への表示方法
第9章: ヒートアイランドに及ぼす環境パラメータの評価 -環境データ同士の関係を知る
第10章: フリーソフトでつくる空間情報社会
解説編: 測地系と座標変換/緯度経度の取得

このページのトップへ

内容説明

さまざまな調査結果の公表や地域統計の「見える化」など幅広い場面において地域データを簡単に地図化できると大好評のフリーソフト「MANDARA」。そのバージョンアップにあわせ,テキスト本も第3版が登場。 防災関連データを用いた危険度マップ作成についての章を新設しました。もちろん,ユーザがつまずきやすいポイントはより丁寧に説明。解説編もさらに便利に。GIS実習・セミナーのテキストとしても最適です。 初級ユーザ向けにベーシックな機能について丁寧に解説するとともに,地図データの高度な編集や時空間モード地図の作成などMANDARA独自の機能を紹介する完全マニュアル『フリーGISソフトMANDARAパーフェクトマスター』もあわせてご活用下さい。 利用可能な地図データも増え,新たな分析機能もついた新しいMANDARAをもっともっと使ってください。MANDARAの詳しい説明やダウンロードの方法についてはMANDARAホームページをご覧下さい。

 

【お詫び】本書51ページに文章の脱落がありました。こちらをご覧ください。

このページのトップへ

関連書籍

GISを使った主題図作成講座

GISを使った主題図作成講座

GISを使った主題図作成のイロハを学ぶ

 
 
QGIS入門 第2版

QGIS入門 第2版

QGISマニュアル、待望の最新版!

著者:今木洋大 編著
岡安 利治 編著
 
地理情報科学

地理情報科学

GISと地理情報科学の標準教科書

 
 
GIS自習室 第2版

GIS自習室 第2版

本格的かつ廉価なソフトの実践マニュアル

著者:渡邊 康志
 
 
地域支援のためのコンパクトGIS

地域支援のためのコンパクトGIS

誰でも使える廉価でやさしいGIS

 
フリーGISソフトMANDARAパーフェクトマスター

フリーGISソフトMANDARAパーフェクトマスター

ユーザ待望のMANDARA完全マニュアル

著者:谷 謙二
 
 

このページのトップへ