Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > ベトナム 上巻

ベトナム 上巻

国家と民族

ベトナム 上巻

日本にとって重要な国ベトナムを理解するために書かれた2分冊。上巻では、ベトナムの歴史を詳しくみていく。

著者 阿曽村 邦昭 編著
ジャンル 観光・地域・まちづくり > 政治経済
出版年月日 2013/08/20
ISBN/JAN 9784772271165
判型・ページ数 A5・464ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

【上巻】
第1部: 日本とベトナム
 第1章: 「東遊」するベトナム人,「南遊」する日本人 (ファン・フィ・レー)
 第2章: 日本を救ったベトナム-日,朝,越三国の元寇への対応比較- (阿曽村邦昭)
 コラム1: 現代の東遊運動 (グエン・ドク・ホエ)
第2部: ベトナムの独立と日本
 第3章: 日本近代の逆説的矛盾と日本・ヴェトナム関係 (井川一久)
 第4章: 第二次世界大戦期のベトナム独立運動と日本 (立川京一)
 第5章: 戦前・戦時期日本の対インドシナ経済侵略について (疋田康行)
 第6章: 佛印を語る (山根道一)
第3部: 第二次大戦後の日越関係
 第7章: 南ベトナム戦後賠償交渉再考-関係外交文書を紐解く- (田中健郎)
 第8章: 終戦直後の日越関係と賠償交渉 (小田 親)
第4部: 日本軍のベトナム侵攻によって北ベトナムで200万もの人々が餓死したのだろうか
 第10章: ベトナムの一村落における1945年飢饉の実態 (古田元夫)
 第11章: 駆け出し外交官の戦時下仏印体験記-昭和18年9月~昭和21年5月- (石川良孝)
 第12章: 日越国交正常化交渉といわゆるベトナム人餓死問題について (今川幸雄)
 第13章: ある日本政府地域専門家の見方 (地域専門家X)
 第14章: 総括 (阿曽村邦昭)
第5部: 日本大使がみた「ベトナム」
 第15章: 回想のベトナム (阿曽村邦昭)
 第16章: ベトナムという国-日越自然の同盟関係- (服部則夫)
 第17章: ベトナムの現実と将来-日本に求められているもの- (湯下博之)

このページのトップへ

内容説明

歴史,政治,経済,社会,文化など広汎な分野にわたるさまざまな問題を論文,エッセー,コラムなど硬軟取り混ぜ,テーマに沿って専門的に論じる。研究者,ベトナム人も含む24名が執筆。編著者は元駐ベトナム大使。上巻はベトナムの歴史を詳しくみていく。

このページのトップへ

関連書籍

ミャンマー

ミャンマー

日本とのかかわりがわかる総合専門書

著者:阿曽村 邦昭 編著
奥平 龍二 編著
 
地理 2016年2月号

地理 2016年2月号

特集:ベトナム 市場経済化から30年

立ち読み
 
 
ベトナム・フエ ラグーンをめぐる環境誌

ベトナム・フエ ラグーンをめぐる環境誌

日本で食べるエビ,その養殖の実態

著者:平井 幸弘
 
国際関係の政治地理学

国際関係の政治地理学

関心が高まる領土問題とその地理学

著者:横山 昭市
 
 
東南アジアの経済発展と世界金融危機

東南アジアの経済発展と世界金融危機

世界金融危機に東南アジアはどう対応したか

著者:橋本 雄一
 
 

このページのトップへ