Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 豪雨と斜面都市(繰り返す自然災害を知る・防ぐ9)

豪雨と斜面都市(繰り返す自然災害を知る・防ぐ9)

1982長崎豪雨災害

豪雨と斜面都市(繰り返す自然災害を知る・防ぐ9)

過去の自然災害から防災知識を学ぶ。災害時の報道、水道・電気・ガスの復旧、県警・消防の対応、交通機関の状況、など。

著者 高橋 和雄
ジャンル 地球科学・防災 > 気象・気候
地球科学・防災 > 防災
シリーズ 繰り返す自然災害を知る・防ぐ
出版年月日 2009/01/20
ISBN/JAN 9784772231206
判型・ページ数 A5・202ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第1章: 豪雨災害とその対応
第2章: 災害の記録
第3章: 災害と交通
第4章: 都市施設の被害と復旧
第5章: 長崎防災都市構想の策定と復興
第6章: 継承したい災害教訓

このページのトップへ

内容説明

このシリーズは,一人一人身につけてほしい防災知識を過去の自然災害から学ぼうという趣旨で生まれた。語り継がれてきてはいるが,もう充分ということはない。まだまだ自然の猛威は,繰り返される自然災害として私たちを襲うのだから。教える側に立つ人にこそ読んで広めてほしい。 昭和57年長崎を襲った豪雨災害の災害時のようす,災害後の復旧を詳細に解説し,今後の災害対策のための教訓を述べる。災害時の報道はどう対応したのか,水道・電気・ガスなどのストップと復旧はどうだったか,県警本部,民放,NHK,消防,対策本部はそれぞれ具体的にいつ何をしたか,道路の状況と交通機関はどうか,安否確認は,支援物資は,災害見舞金の配分はどうしたか,など知っておけば災害予防の感性が磨かれる。

このページのトップへ