Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 在来産業と家族の地域史

在来産業と家族の地域史

ライフヒストリーからみた小規模家族経営と結城紬生産

在来産業と家族の地域史

結城紬の生産を支える家族経営と女性労働力に焦点を当て、詳細なフィールド調査と丹念な聞き取りにより生産地域の変遷をたどる。

著者 湯澤 規子
ジャンル 経済・産業 > 産業
文化・歴史 > 民俗学
出版年月日 2009/01/20
ISBN/JAN 9784772241250
判型・ページ数 A5・254ページ
定価 本体5,400円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第1章: 序 論
第2章: 結城紬生産地域の歴史的展開
 1. 結城紬生産地域の前史
 2. 生産地域の確立-明治中期~昭和戦前期-
 3. 生産形態の推移と地域再編成-第二次世界大戦後-
第3章: 結城紬生産地域の構造と地域的特徴
 1. 産地内分業と紬生産における家族労働力の意味
 2. 絣柄の地域分化とその要因
 3. 縞屋による家内工業の組織化と生産地域の確立
 4. 生産地域の景観と暮らしの復原-紬生産の舞台-
第4章: 小規模家族経営の構造と論理
 1. 機屋の暮らしと家族労働力構成
 2. 織り手のライフヒストリーからみた家族内分業
 3. 技能の継承を支えるシステム
第5章: 暮らしの変化と紬生産地域への影響
 1. 女性三代のライフヒストリーからみた暮らしの変化と紬生産
 2. 専業機屋としての氏家家と賃機
 3. 昭和55(1980)年以降の生産縮小と社会的背景
 4. システムの崩壊と再編成の可能性
第6章: 結 論
 1. 結城紬生産地域の歴史的展開と地域的特徴
 2. 結城紬生産地域における家族の役割
 3. 家族の変化と結城紬生産地域の動向
 4. 日本における在来産業と家族
 5. 課題と展望

このページのトップへ

内容説明

明治以来今日に至るまで高い商品価値を維持し続けてきた結城紬。その生産を支える家族経営と女性労働力に焦点を当て,詳細なフィールド調査と丹念な聞き取りにより,ライフヒストリーからみた紬生産の変化および生産地域の変遷をたどる。歴史地理学・農村社会学の視点からの研究成果。

このページのトップへ

関連書籍

女性とツーリズム

女性とツーリズム

観光ジェンダー学へのいざない

著者:友原 嘉彦 編著
 
 

このページのトップへ