Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 日本の気候景観 増補版

日本の気候景観 増補版

風と樹 風と集落

日本の気候景観 増補版

樹木や垣根の形状から卓越風など地域の自然環境を読み取る「気候景観」の全国版リスト集(写真と地図付)。

著者 青山 高義
小川 肇
岡 秀一
梅本 亨
ジャンル 地球科学・防災 > 気象・気候
出版年月日 2009/03/20
ISBN/JAN 9784772261050
判型・ページ数 A5・212ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第1章: 気候景観研究
(気候景観概説/気候景観の事例/偏形形態のタイプとその成因/個体の偏形・群落の偏形/防風林と屋敷林/東アジア沿岸地域の風分布/日本の風系/日本の積雪分布/日本の気候区/日本の植生分布)
第2章: 山の偏形樹をめぐって
(大雪山/八甲田山/鳥海山/蔵王山/尾瀬/立山/霧ヶ峰/北八ヶ岳/奥秩父/富士山/大台ヶ原/石鎚山/霧島山/宮之浦岳)
第3章: 平野と海岸でみられる偏形樹・防風林・屋敷林
(斜里平野/根釧原野/利尻島/下北半島/庄内平野/胆沢扇状地/能登半島/砺波平野/伊那谷/利根川低地/東京郊外/南関東/三浦半島/八丈島/出雲平野/対馬/阿蘇/琉球諸島)
第4章: 気候景観の調べ方
 4.1 山の偏形樹調査法
 4.2 屋敷林・防風林の調査法
補章1: 雪面形によって冬山の風の分布を知る-北アルプス中部の山を例に
補章2: 地形と風が作る平野の気候景観-津軽平野の電柱着雪とリンゴ栽培
補章3: 風に向かって立つ-アタカマ砂漠のティランジア群落 
補章4: 北極圏の森林限界-スカンジナビア半島北部

このページのトップへ

内容説明

樹木や垣根の形状から卓越風など地域の自然環境を読み取る「気候景観」の全国版リスト集(写真と地図付)。好評3刷は,雪と氷の気候景観と海外の気候景観を加えた増補版。 気候景観の定義,調べ方,文献も詳しいので調査研究に役立つ。 過去の論文を精査し,現地で再確認できるものを気候景観として登録し,要因を様々に考察した。ローカルな自然環境の把握や地域防災に役立つ。 編者以外の執筆者:磯谷達宏,江口 卓,菅野洋光,相馬秀廣,高橋伸幸,田上善夫,浜田 崇,寶月拓三,細田 浩,横山秀司

このページのトップへ