Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 安全安心工学入門

安全安心工学入門

安全安心は長崎から

安全安心工学入門

安全・安心教育とものづくり教育の融合…それが「安全安心工学」だ。安全・安心のために学び生かす学問の基礎と応用を紹介。

著者 長崎大学工学部安全安心工学入門編集委員会
ジャンル 地球科学・防災 > 防災
出版年月日 2010/03/20
ISBN/JAN 9784772220095
判型・ページ数 A5・196ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第1章:現代GPによる安全・安心教育への取り組み
*安全安心工学の基礎編
第2章:安全・安心の科学の基礎
第3章:ものづくりにおける安全
第4章:情報の安全・安心
第5章:物質の安全・安心
*安全安心工学の応用編
第6章:工学技術で取り組む在宅介護の安全安心
第7章:インフラの安全・安心(道路斜面の防災を中心)
第8章:防災における安全・安心
第9章:長崎の安全・安心-自然災害-

このページのトップへ

内容説明

安全・安心教育とものづくり教育の融合…それが「安全安心工学」だ。横浜国立大学の「安心・安全の科学研究教育センター」を皮切りに,安全工学に精通した組織が全国の大学に続々設置されている。安全・安心のために学び,生かす学問こそ社会に役立つ教養となる。その基礎と応用を紹介。

このページのトップへ

関連書籍

想定外を生まない防災科学

想定外を生まない防災科学

防災科学の弱点を克服するために必要なこと

著者:田中 隆文 編著
 
 

このページのトップへ