Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 野道の歴史を歩く 3 滋賀近江

野道の歴史を歩く 3 滋賀近江

野道の歴史を歩く 3 滋賀近江

「野道を歩く会」を主宰してきた著者が野道を歩くおもしろさ,野道に秘められた歴史の跡をたどる。『2 奈良 大和』に続く第3巻。

著者 谷岡 武雄
ジャンル 地理学 > 巡検ガイド
出版年月日 2005/01/20
ISBN/JAN 4772260196
判型・ページ数 A5・228ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

1:近江聖人ゆかりの地を訪れ,安曇川三角州を歩く
2:浮御堂の堅田から花折峠に近づき,和迩川沿いに下る
3:守山から琵琶湖大橋を渡って堅田に至る
4:野洲から南東へ,三上山を仰ぎつつ石部に至る
5:野洲から錦織寺を訪ねて近江八幡へ
6:安土駅から伊庭を経て能登川駅に至る
7:稲枝から湖岸を南西へ,沖島を望む
8:商人の町,日野から石塔寺を経て桜川へ
9:百済寺から扇状地を下り,舟岡山へ
10:湖東の名刹から水沼庄跡地を経て多賀大社へ
11:河瀬駅から覇流荘跡地を経て移民村へ
12:湖北・田村駅から常喜の立石を経て長浜駅へ

このページのトップへ

内容説明

野道には歴史が詰まっている。「野道を歩く会」を主宰してきた著者が,野道を歩くおもしろさ,野道に秘められた歴史の跡をたどる。 『1 京都 山城』 『2 奈良 大和』に続く第3巻。琵琶湖をぐるりとめぐる近江の野道歩き。堅田・守山・安土・長浜など,古代から現代まで歴史の舞台をたどる。写真67点。バラエティに富む歴史散歩のお供に。

このページのトップへ