Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 地場産業産地の革新

地場産業産地の革新

地場産業産地の革新

地場産業の基本的な研究方法,分析事例,モデル,調査法(資料収集法,面接調査の手順,まとめ方など),を示した入門書。

著者 上野 和彦
ジャンル 経済・産業 > 経済
出版年月日 2007/10/20
ISBN/JAN 9784772241052
判型・ページ数 A5・120ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第1章:地場産業産地の課題
(地場産業製品市場の縮小/地場産業産地の構造的課題)
第2章:地場産業研究の視点
(地場産業とはなにか,その定義/地場産業のフォーカスとその背景/地場産業概念と研究視点) 
第3章:地場産業産地の分布
(全国分布/業種別分布)
第4章:地場産業産地の構造
(産地構造の原型/分業型産地構造モデル/高度成長期の産地構造/グローバル化時代の産地構造)
第5章:地場産業産地の空間構造
(地場産業産地の空間的配置モデル/産地の範囲/産地空間の多様性)
第6章:地場産業産地と地域
(地場産業と地域の関係/原材料基盤としての地域/兼業機会としての地域/地場産業と地域経済/地場産業と地域社会)
第7章:地場産業産地の持続的発展
(市場の変化と創造/地場産業産地の革新/産地の存続と企業の存続)
第8章:地場産業産地の調査法
(基本統計と資料の収集/面接調査と調査項目/調査のまとめ)
資料:地場産業に関する文献一覧

このページのトップへ

内容説明

地場産業は低成長の曲がり角を迎えている。成長産業ばかり追っていては,地域の将来のビジョンは生まれない。地場産業を丁寧に分析し,5年・10年先の地場産業の姿を提示していくことで,産地の将来が展望できる。基本的な研究方法,分析事例,モデル,調査法(資料収集法,面接調査の手順,まとめ方など),を示した地場産業入門書。巻末資料の関連文献約500件のリストも役立つ。 キーワード:持続的発展,伝統技術,産地ブランド,企業ブランド,産業集積,社会的分業,産地構造の再編成,市場創造

このページのトップへ