Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 地理 2013年 03月号

地理 2013年 03月号

特集:GISで地理を学ぼう◆GISはもはや特別なツールではない。日々の授業でGISをどう活かすか、導入の背景と実践例を紹介

ジャンル 月刊「地理」
書店発売日 2013/02/25
ISBN/JAN 4910061550337
判型・ページ数 A5・136ページ
定価 本体1,143円+税
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

★特集:GISで地理を学ぼう
GISで地理を学ぶ「地理基礎」の構想(碓井照子)
小・中・高教員向け地理情報システム(GIS)研修プログラム(矢野桂司)
中等教育段階でのGIS活用の現状と問題点(太田 弘)
GISの導入準備(ソフトとデータ)(大島英幹)
Google Earthを活用した地歴教材の提供(仙石裕明・田村賢哉)
地理A・地理BにおけるGISの活用-普通教室で「毎日使う」GIS(伊藤智章)

★新連載
インドで地理修行?1 シンガポールで修行開始(久保純子)

★連載最終回
観光地の自然学19 英彦山・耶馬渓・由布岳-九州の山と観光地(小泉武栄)
シリーズ まちづくり・地域づくり21 地域の資源とまちづくり・地域づくり-連載を終えるにあたって(片柳 勉・小松陽介)

★連載
地中海都市カリアリから考える「普通」の町の再生12 まちに溶ける施設-市場,教会,大学(上)(竹中克行)
ジオパークを歩く21 箱根ジオパーク-北と南をつなぐ自然のみち 東と西をつなぐ歴史のみち(青山朋史)
災害に立ち向かう地理教育8 液状化災害と低地の地形(辰己 勝)
変わる国土50 渡良瀬川を跨いで発展した街-栃木県足利市(赤桐毅一)

★寄稿
ボツワナ-アフリカで一番幸運な国(中臣 久)
韓国のラムサール条約湿地の観光化-「成功例」とされる全羅南道・順天湾(淺野敏久)
川の文化財・堰堤の見える風景を考える・楽しむ1(松尾 宏)

★書架
『完訳 日本奥地紀行2 新潟-山形-秋田-青森』(イザベラ=バード著・金坂清則訳注) 小岩直人
『完訳 日本奥地紀行3 北海道・アイヌの世界』(イザベラ=バード著・金坂清則訳注) 湯澤規子
『社会を変えるには』(小熊英二著) 香川雄一
『砂漠と文明』(嶋田義仁著) 木村圭司
『民話が語る自然科学』(宮橋裕司著) 中山大地

★新ジオグラファーズ・アイ
地域の話題

このページのトップへ

内容説明

教育現場においてGISはもはや一部の熱心な教員だけが使う特別なツールではありません。日々の授業でGISをどう活かしていくか、導入の背景とさまざまな実践例を紹介します。

▶特集一覧を見る

このページのトップへ