Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 地理 2013年 09月号

地理 2013年 09月号

特集:NPOで地域づくり◆NPOに深く関わってきた研究者の経験をふまえ、地域づくりにおけるNPOの役割について考えます

ジャンル 月刊「地理」
書店発売日 2013/08/24
ISBN/JAN 4910061550931
判型・ページ数 A5・136ページ
定価 本体1,143円+税
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

★カラー口絵
速報! 国際地理オリンピック(編集部)/千葉県浦安市 液状化災害から2年(木庭元晴)/地中海都市カリアリから考える「普通」の町の再生 ただ一つの「普通」の町を紡ぐ(竹中克行)

★特集:NPOで地域づくり
まちづくりとのかかわり、NPOへの期待-西村幸夫氏に聞く
観光資源を活かした持続的な地域づくり-NPO/大学の立場を経験して考えること(深見 聡)
GISで環境を調べ、地域おこしをサポートする(後藤真太郎)
海はバリアフリー-支え合いの地域社会づくりにNPOでチャレンジ(佐野 充)
まちづくりに「秘策」あり(NPO法人まつえ・まちづくり塾)

★速報
国際地理オリンピック京都大会 加藤君が銀メダル、平賀さんが銅メダルを受賞!(編集部)

★連載最終回
変わる国土53 品川駅周辺-激しく進化しつつある街(赤桐毅一)
地中海都市カリアリから考える「普通」の町の再生18 ただ一つの「普通」の街を紡ぐ(竹中克行)

★連載
仮設住民のくらし:震災から2年6 仮設住民の移動行動-高齢者と自動車利用(関根良平・岩船昌起)
日本の経済地理学50年6 初期名古屋大学地理学教室と経済地理学(伊藤喜栄)
GISで地理を学ぼう10 GISの活用と地理的技能の向上(森 泰三)
災害に立ち向かう地理教育11 雷と雷による災害(松浦直裕)

★寄稿
千葉県浦安市 東日本大震災による液状化災害から2年(木庭元晴)
「稲むらの火」由来記[前編] 明治三陸大津波を伝えた外国人記者と作家の想い(白岩昌和)

★書架
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』(藻谷浩介・NHK広島取材班著) 小田宏信
『環境用水-その成立条件と持続可能性』(秋山道雄・澤井健二・三野 徹編著) 香川雄一
『砂-文明と自然』(マイケル・ウェランド著/林裕美子訳) 川瀬久美子
『気象解析の基礎』(二宮洸三著) 木村圭司
『歴史入門』(フェルナン・ブローデル著/金塚貞文訳) 中山大地
『ローカリズム原論-新しい共同体をデザインする』(内山 節著) 湯澤規子

★地理ちりブログ
門司港レトロ地区に新名所/創業明治15年 唐津の醤油

このページのトップへ

内容説明

近年、地域づくり・観光まちづくりにおけるNPOの重要性はますます高まっています。各地のNPOに深く関わってきた研究者の経験をふまえ、その役割について考えます。

▶特集一覧を見る

このページのトップへ