Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 江戸幕府撰日本総図の研究

江戸幕府撰日本総図の研究

江戸幕府撰日本総図の研究

従来未解明であった初期日本総図に関する研究成果と論争を述べるとともに、6度の各日本総図の編集方法と内容の特徴を解説する。

著者 川村博忠
出版年月日 2013/11/30
ISBN/JAN 9784772220187
判型・ページ数 B5・398ページ
定価 本体19,000円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

カラー口絵(16ページ):寛永十年日本図、寛永十五年日本図、正保日本図、元禄日本図、享保日本図
第1部:江戸初期日本総図研究の展開
第2部:江戸幕府撰日本総図
 第1章:寛永十年日本図
 第2章:寛永十五年日本図
 第3章:正保日本図
 第4章:元禄日本図
 第5章:享保日本図
 終章:江戸幕府撰日本総図のまとめ

このページのトップへ

内容説明

著者はすでに『江戸幕府撰国絵図の研究』で実績があり、この分野における第一人者である。その姉妹編ともいうべき本書では日本総図の研究をまとめた。江戸幕府撰日本総図のなかでも、従来未解明であった初期日本総図に関する研究についての成果を提起し、論争を交えて初期日本総図研究の進展過程を述べる。第二部では江戸幕府が編んだ6度の各日本総図を個別に扱い、その編集方法および内容の特徴を解説。

このページのトップへ

関連書籍

近世測量絵図のGIS分析

近世測量絵図のGIS分析

GIS技術を駆使して絵図を読み解く

 
 

このページのトップへ