Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 地理 2014年 03月号

地理 2014年 03月号

特集:6次産業化の新展開◆農産物の生産(1次)×加工(2次)×販売(3次)を連携させ地域振興につなげる。それが6次産業化です

ジャンル 月刊「地理」
書店発売日 2014/02/25
ISBN/JAN 4910061550344
判型・ページ数 A5・136ページ
定価 本体1,143円+税
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

★カラー口絵
特集:6次産業化の新展開(宮地忠幸・高柳長直・中川秀一・淡野寧彦・則藤孝志)
チューリヒ・グロスミュンスターの塔から望む(香川貴志)
海図を読む:東日本大震災前の釜石港(伊藤 等)

★特集:6次産業化の新展開
農村の6次産業化―期待と論点(宮地忠幸・高柳長直・中川秀一)
蘇る「オリーブ」産業―小豆島におけるオリーブ栽培の再生(中川秀一)
6次産業化のパイオニア・紀州ウメ産地から何を学ぶべきか(則藤孝志)
中山間地域農業を守る「ジビエ」の商品化―和歌山県日高川町(高柳長直)
異業種交流による米粉用米生産の拡大と産業振興―秋田県(淡野寧彦)
十勝地域にみる6次産業化の展開とその意義(宮地忠幸)

★連載
海図を読む3
 「東日本大震災」を海図から読み解く(伊藤 等)
シローとマチコのシネマの舞台2
 西部劇の舞台(辰己眞知子)
仮設住民のくらし:震災から2年11
 住まいの再建と復興計画の再検証(増田 聡・岩船昌起・高橋信人)
自然地理学のフィールドワーク5
 調査はみんな神頼み(松山 洋)
新シルクロード紀行 玄奘の足跡を辿る 3
 火焔山とトルファンの葡萄園 (中家惠二・籾倉克幹・今村遼平ほか)
災害に立ち向かう地理教育14
 平安京を襲った竜巻(山脇正資)

★寄稿
条件不利に負けない「攻めの減災」活動-高知県四万十町興津地区の例 青木賢人・林 紀代美

★書架
『原災地復興の経済地理学』(山川充夫著) 小田宏信
『歴史と環境』(溝口常俊・阿部康久編) 香川雄一
『すらすら読める土佐日記』(林 望著) 木村圭司
『日本の町並み集落1300』(川村善之著) 中山大地
『資源と生業の地理学』(横山 智編) 湯澤規子
『たたかう地理学』(小野有五著) 千葉立也
『南極読本』(南極OB会編集委員会編) 前杢英明

★地理ちりブログ
ボツワナ 2つの不足/メディア誘発型観光の光と影

このページのトップへ

内容説明

「6次産業化」をご存じですか。農林水産省が数年前から進めている事業で、農林水産物の生産・加工・販売を連携させ、一体的に行うことをめざしています。地域振興とも関係する「6次産業化」の展開について解説します。事例は北海道十勝地方や和歌山県みなべ待ち、香川県小豆島などです。

▶特集一覧を見る

このページのトップへ