Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > スマトラ地震による津波災害と復興

スマトラ地震による津波災害と復興

スマトラ地震による津波災害と復興

スマトラ地震津波の被災直後から復興までを追い続けた研究グループの成果。東日本大震災からの復興に向けた格好の検証材料に。

著者 高橋 誠 編著
田中 重好 編著
木股 文昭 編著
ジャンル 地球科学・防災
地球科学・防災 > 津波
地球科学・防災 > 防災
出版年月日 2014/02/28
ISBN/JAN 9784772241717
判型・ページ数 A5・414ページ
定価 本体9,400円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

I アチェへ/Ⅱ 直後-被害と緊急対応/Ⅲ 1年後-復旧状況と復興に向けて/Ⅳ 3~5年後-復興は進んだのか/Ⅴ 現在-8年あまりが経って/Ⅵ インドネシアへのメッセージ/Ⅶ スマトラ地震から東日本大震災へ

このページのトップへ

内容説明

2004年スマトラ地震・インド洋大津波直後から、自然科学者と人文社会科学者が連携して続けてきた名古屋大学共同調査の集大成。津波に対する知識や社会体制が不充分ゆえに被害が拡大した状況、復興過程の時系列分析、課題と現地の努力を詳しく紹介し、その後に生じた東日本大震災と比較する。復興過程を追いかけるとともに、次なる大津波に備える日本の社会が学ぶべきこととは。

編著者

●高橋 誠(たかはしまこと)名古屋大学大学院環境学研究科教授。専門は地理学、コミュニティ研究。

●田中 重好(たなかしげよし) 名古屋大学大学院環境学研究科教授。専門は地域社会学、災害社会学。

●木股 文昭(きまたふみあき)

地震予知総合研究振興会東濃地震科学研究所副主席主任研究員、名古屋大学減災連携研究センター特任教授。専門は測地学、火山学。

【分担執筆者】

●安藤 雅孝(あんどうまさたか) 静岡大学防災総合センター特任教授。専門は地震学。

●伊賀 聖屋(いがまさや)金沢大学人間社会研究域准教授。専門は人文地理学、食の地理学。

●伊藤 武男(いとうたけお) 名古屋大学大学院環境学研究科助教。専門は地震測地学、地球物理学。

●海津 正倫(うみつまさとも) 奈良大学文学部教授。専門は自然地理学。

●川崎浩司(かわさきこうじ) 名古屋大学大学院工学研究科准教授。専門は海岸工学、沿岸環境工学。

●木村 玲欧(きむられお) 兵庫県立大学環境人間学部/大学院環境人間学研究科准教授。専門は防災心理学、防災教育学。

●黒田達朗(くろだたつあき)名古屋大学大学院環境学研究科教授。専門は都市・地域経済学、公共経済学。

●伍 国春(ごこくしゅん)中国地震局地球物理研究所副研究員。専門は災害社会学、政策研究。

●島田  弦(しまだゆづる) 名古屋大学大学院国際開発研究科准教授。専門はアジア法、開発法学。

●田渕 六郎(たぶちろくとう)上智大学総合人間科学部教授。専門は家族社会学、福祉社会学。

●林  能成(はやしよしなり)関西大学社会安全学部准教授。専門は地震学、地震防災論。

 

 

 

目次

まえがき  

第I章 アチェへ

I-1 課題と視点-何を問うてきたか

I-2 アチェの社会と文化

 

第Ⅱ章 直後-被害と緊急対応

Ⅱ-1 地震と津波

Ⅱ-2 アチェを襲った津波

Ⅱ-3 被害の広がりと集中

Ⅱ-4 津波来襲時の対応行動

Ⅱ-5 津波後の対応行動

 

第Ⅲ章 1年後-復旧状況と復興に向けて

Ⅲ-1 個人と家族の状況

Ⅲ-2 復興に向けての課題

Ⅲ-3 被災後の法的課題

 

第Ⅳ章 3~5年後-復興は進んだのか

Ⅳ-1 3年後時点での復旧・復興カレンダー

Ⅳ-2 被災後3年間の状況と問題の変化

Ⅳ-3 個人と家族の状況

Ⅳ-4 コミュニティの死と再生

Ⅳ-5 復興支援の状況

Ⅳ-6 調整メカニズムの欠如

Ⅳ-7 見捨てられる人たち-華人への支援

Ⅳ-8 復興と都市構造の変化

 

第Ⅴ章 現在-8年あまりが経って

Ⅴ-1 2004年スマトラ地震後の破壊過程とスマトラ断層

Ⅴ-2 災害リスク管理の法制度

Ⅴ-3 超巨大地震・スマトラ地震津波の特徴

Ⅴ-4 コミュニティ防災と災害文化

 

第Ⅵ章 インドネシアへのメッセージ

Ⅵ-1 津波災害体験談の収集と活用

Ⅵ-2 途上国における地震津波防災と学術交流

Ⅵ-3 インドネシアの防災力の向上のために

 

第Ⅶ章 スマトラ地震から東日本大震災へ

Ⅶ-1 スマトラと東北の津波避難(安藤雅孝)

Ⅶ-2 インドネシアへ、そしてインドネシアから(木俣文昭)

Ⅶ-3 過去・将来の巨大地震・津波災害を考える(川崎浩司)

Ⅶ-4 自然災害への対峙―オオカミ少年と科学者との間(黒田達朗)

Ⅶ-5 法学者の観点から-アチェ、中部ジャワ、西スマトラ、東北(島田弦)

Ⅶ-6 「わがこと意識」を向上させるための災害事例の活用(木村玲欧)

Ⅶ-7 グローバル化する災害をどう「共有財産」にするか(田中重好)

このページのトップへ

関連書籍

環太平洋地域の地震災害と復興

環太平洋地域の地震災害と復興

被害の状況から復興までをトータルに研究

著者:植村 善博
 
東日本大震災津波詳細地図 改訂保存版

東日本大震災津波詳細地図 改訂保存版

原寸大判地形図に描かれた津波の貴重な記録

著者:原口 強
岩松 暉
 
 
東日本大震災の復興に向けて

東日本大震災の復興に向けて

雲仙島原はいかにして復興したのか?

著者:高橋 和雄
 
東日本大震災の教訓

東日本大震災の教訓

生き残るための知恵とは? 好評3刷

著者:村井 俊治
 
 
津波と防災(繰り返す自然災害を知る・防ぐ2)

津波と防災(繰り返す自然災害を知る・防ぐ2)

三陸津波から何が学べるのか

著者:山下 文男
 
巨大都市と変貌する災害

巨大都市と変貌する災害

世界の大都市の防災に何を学ぶか?

 
 

このページのトップへ