Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > ジオビジネス

ジオビジネス

GISによる小売店の立地評価と集客予測

ジオビジネス

新規店舗をどこに?販売地域をどこに?地理空間技術で地理とビジネスに関わるデータを可視化して、「どこ?」に答える。

著者 高阪 宏行
ジャンル GIS・リモートセンシング
経済・産業
出版年月日 2014/03/20
ISBN/JAN 9784772241700
判型・ページ数 B5・188ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

1部集客分析、1章市場規模の推定、2章市場規模の変動要因、
3章市場の質の分析、4章競合環境の分析、
5章顧客発生源の集客効果、6章障害物の影響、
2部立地評価と集客予測、7章用地評価、8章場所評価、
9章立地評価システムの構築、10章空間的相互作用
モデルに基づく集客予測、11章立地―配分モデル、
12章ジオデモグラフィックスの理論と応用
★付録のプログラムは、下の欄(内容説明)の冒頭にあるzipファイルからダウンロードできます。

このページのトップへ

内容説明

★本文中で使用する付録のプログラム

ファイル名を右クリックし、「対象をファイルに保存」をクリックして適当なドライブに保存し、展開(解凍)してください。これらのファイルの使用方法は、本文該当ページ(たとえば117ページ)に従ってください。  calibration1.zip  coverage.zip   Newton.zip   vertex1.zip   vertex2.zip

【本文の内容説明】 ビジネスにおけるGISの応用は、「ジオビジネス」と呼ばれる。本書はジオビジネスの標準的教科書として、市場分析や店舗開発を学ぶ学生や実務担当者向けにつくられた。新規店舗をどこに、優良顧客はどこに、こうした「どこ」に関わるビジネスの質問にGIS上で集客圏を可視化して答える「地理空間技術」を習得することができる。。

 

 

 

このページのトップへ

関連書籍

経済・政策分析のためのGIS入門

経済・政策分析のためのGIS入門

空間データの基本から丁寧に解説

著者:河端 瑞貴
 
地理情報科学

地理情報科学

GISと地理情報科学の標準教科書

 
 
GISを利用した社会・経済の空間分析

GISを利用した社会・経済の空間分析

GISでなければできないテーマとは?

 
小商圏時代の流通システム

小商圏時代の流通システム

市場に対応した空間的変容を業態別に追う

著者:土屋 純
兼子 純
 
 

このページのトップへ