Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 東南アジアの経済発展と世界金融危機

東南アジアの経済発展と世界金融危機

東南アジアの経済発展と世界金融危機

アジア通貨危機、世界金融危機でアジア経済はどうなったのか。グローバル化によって動く東南アジア経済の実態がわかる。

著者 橋本 雄一
ジャンル 経済・産業 > 経済
出版年月日 2014/03/31
ISBN/JAN 9784772252744
判型・ページ数 A5・206ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

1はじめに/2マレー半島の歴史/3アジア通貨危機の東南アジア経済への影響/4世界金融危機の東南アジア経済への影響/5高度経済成長期における東南アジアの一次産品輸出/6マレー半島における港湾インフラ整備と地域開発/7東南アジアの知的クラスター形成/8知的財産権に関する制度整備と特許出願/9おわりに

このページのトップへ

内容説明

前著『マレーシアの経済発展とアジア通貨危機』(2005年刊、3刷)をひきつぎ、大幅改訂した本。エリアを東南アジア全域に広げ、97年アジア通貨危機、2008年世界金融危機の影響を考察する。精緻な図表や地図を多数掲載、資料を対照しながら経済グローバル化の実態を理解できる。

このページのトップへ

関連書籍

東南アジアの大都市圏

東南アジアの大都市圏

シンガポールとクアラルンプルの違いとは?

著者:生田 真人
 
ベトナム 上巻

ベトナム 上巻

ベトナムを理解するための全2巻(上下巻)

著者:阿曽村 邦昭 編著
 
 
ベトナム 下巻

ベトナム 下巻

日本にとって重要な国ベトナムを理解する本

著者:阿曽村 邦昭 編著
 
 

このページのトップへ