Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 現代砂防学概論

現代砂防学概論

現代砂防学概論

多様化、激甚化する土砂災害に対応するために必要な、最新の制度と事業実施上の留意事項を平易に示す。

著者 南 哲行 編著
小山内 信智 編著
ジャンル 地球科学・防災 > 土木工学
出版年月日 2014/04/15
ISBN/JAN 9784772231602
判型・ページ数 B5・192ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

1現代砂防の目的と沿革(基本的な概念の整理と基礎的知識の整理)、2国土保全(砂防施設の整備と効果、火山地域の砂防事業、総合的な土砂管理)、3地域保全(土砂災害防止法、警戒情報、重要施策)、4大規模土砂災害の危機管理(天然ダム、霧島噴火、国川地すべり)、5砂防と環境保全(基本的な考え方と手法)、6災害からの復旧・復興(復興に果たす砂防の役割と具体例)

このページのトップへ

内容説明

砂防行政に携わる方々に、最新の砂防行政の重点的な施策も包括しつつ、砂防行政の根幹となる施策と事業の現状と課題、その課題解決の方向性について全般的に理解できるようまとめた。この分野第一線の研究、実務関係者21名による執筆。

このページのトップへ

関連書籍

国土は叫ぶだけでは強靭化できない

国土は叫ぶだけでは強靭化できない

土木と地質は私たち国民の基本課題である

著者:平野 勇
 
貯水池周辺の地すべり調査と対策 改訂新版

貯水池周辺の地すべり調査と対策 改訂新版

国交省の最新技術指針にもとづいた技術書

 
 
建設工事と地盤地質 改訂新版

建設工事と地盤地質 改訂新版

地盤地質の基礎をわかりやすく解説

 
日本の天然ダムと対応策

日本の天然ダムと対応策

地震や豪雨でできる天然ダムの実態がわかる

著者:水山 高久 監修
森 俊勇 他編著
坂口 哲夫 他編著
 
 
総説 岩盤の地質調査と評価

総説 岩盤の地質調査と評価

地盤、斜面、環境の地質調査マニュアル

 
 

このページのトップへ