Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 水社会の憧憬

水社会の憧憬

マンボが語る景観

水社会の憧憬

マンボとは、様々な呼び名で各地に存在するが失われつつある地下水路網。灌漑用、生活用としての保存と観光振興から見た取り組み。

著者 春山 成子 編著
ジャンル 地球科学・防災 > 
観光・地域・まちづくり
出版年月日 2014/08/20
ISBN/JAN 9784772281133
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

1世界の地下式水路とマンボ
2水資源の利用を考える
3マンボをとりまく自然環境
4マンボの文化景観
5現代社会のマンボ
6マンボ景観カタログ
7湧水環境を改善するために

このページのトップへ

内容説明

マンボとは、様々な呼び名で各地に存在するがだんだん
と失われつつある地下水路網。灌漑用水として生活用水
としてどのように保存していくべきか。三重県の事例を
紹介。豊富なカラー写真で現存するマンボを紹介し住民
アンケート結果や保全への提案も述べる。一方で、水と
生きる社会を求めて観光振興系、まちづくり系、行政は
どう取り組むか。静岡県三島市の例を紹介。

このページのトップへ

関連書籍

昭和戦前期の伊勢参宮修学旅行と旅行文化の形成

昭和戦前期の伊勢参宮修学旅行と旅行文化の形成

パッケージ・ツアーの根源は伊勢に有り

著者:太田 孝
 
棚田 その守り人

棚田 その守り人

必ず現地にたどりつける棚田ガイドブック

著者:中島 峰広
 
 

このページのトップへ