Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > ジオツーリズムとエコツーリズム(地域づくり叢書3)

ジオツーリズムとエコツーリズム(地域づくり叢書3)

ジオツーリズムとエコツーリズム(地域づくり叢書3)

ジオパーク・エコパークの定義と背景から、日本各地で展開する、自然環境を活かした観光まちづくりのあり方を事例から学ぶ。

著者 深見 聡
ジャンル 自然・生態・環境 > 自然ガイド
観光・地域・まちづくり
観光・地域・まちづくり > 観光
シリーズ 地域づくり叢書
出版年月日 2014/11/10
ISBN/JAN 9784772241793
判型・ページ数 A5・206ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

目 次
はしがき 
第1章 地域資源を活かした観光による地域づくりへの視点
1. 探検の会での実践から
2. 長崎大学と小浜温泉エネルギーの連携
3. 地域資源を活かした観光による地域づくり

第Ⅰ部 ジオツーリズムと地域
第2章 ジオパークの定義と類似制度の概観
1. ジオパーク制度誕生の背景
2. ジオパークの定義
3. ジオパークの類似制度の概観
第3章 ジオパークとジオツーリズムの成立に関する考察
1. ジオパークに関する認識の現状
2. わが国におけるジオパークの現状
3. ジオツーリズムの定義と近年の潮流
4. ジオパーク、ジオツーリズムの抱える課題
5. ジオパークによる観光振興のフレームワーク
6. 求められる地学教育・自然地理学教育の充実
7. 地域に根ざしたジオパークとジオツーリズムを目指して
第4章 小規模島嶼におけるジオパーク構築の可能性-三島村ジオパーク構想を事例に-
1.新しい島嶼観光としてのジオツーリズム
2.研究対象地域(薩摩硫黄島)の概要
3.三島村ジオパーク構想とは
4.調査結果(1)―三島村ジオパーク構想に関する聞き取り
5.調査結果(2)―ジオパークやジオツーリズムに関する住民意識
6.考察―「大地の遺産」と「合意形成」に向けた議論
7.これからの島嶼におけるジオパークの役割
第5章 島原半島ジオパークにおける体験型フィールド学習と地理教育
-長崎大学環境科学部「地域力再生プロジェクト」の事例から-
1. フィールド学習の舞台としてのジオパーク
2. 課外科目「地域力再生プロジェクト」の概要
3. 課外科目「地域力再生プロジェクト」実施のようす
4. 考察-体験型フィールド学習の意義
5. ジオパークにおける地理教育の充実を
第6章 ジオパーク“先進地”・中国におけるジオツーリズム
-伏牛山世界ジオパークの場合-
1.持続可能な地域づくりとジオパーク
2.中国のジオパークの概要
3.伏牛山世界ジオパークの概要
4.聞き取り調査実施地(白雲山ジオサイト)の概要
5.調査結果―観光客と管理者の意識
6.考察―両者の意識からみた特徴とジオパークの将来
7.これからの中国におけるジオパークの役割

第Ⅱ部 エコツーリズムと地域
第7章 世界遺産・屋久島を訪れる観光客の環境保全意識
1. 世界遺産登録によるインパクト
2. 調査結果―屋久島を訪れる観光客へのアンケート
3. 考察―調査結果の背景にある観光客の意識
4.望まれる環境教育プログラムの確立
第8章 世界遺産・屋久島にみる環境保全と観光振興のジレンマ
1. 世界自然遺産登録地に課せられた課題
2. 縄文杉登山ルートの人気と自治体の対応
3. ウミガメ保護と西部林道地域の生態系
4. 否決された利用調整の条例案
5. 屋久島におけるエコツーリズム
6.自然と人間との調和的共生を目指して
第9章 島嶼におけるエコツーリズムの展開-上対馬の住民意識調査から-
1.上対馬におけるエコツーリズムの現状
2.調査結果―上対馬住民へのアンケート
3.考察―調査結果の背景にある上対馬住民の意識
4.島嶼観光としてのエコツーリズムの将来
第10章 環境首都・水俣における環境教育旅行受け入れの現状と課題
1. 水俣におけるエコツーリズムの必要性
2. 水俣市の観光入込客数の現状
3. 環境教育旅行にかかわる団体の概要
4. 調査結果―4団体への聞き取り
5. 考察―ガイド・人材の育成の2つの可能性
6. 着地型観光への転換に活路を
第11章 災害復興と着地型観光-福岡県八女市星野村の事例から-
1. 着地型観光の台頭の現状
2. 研究対象地域(星野村)の概要
3. 九州北部豪雨による星野村の被害
4. 調査結果―星野村住民へのアンケート
5. 考察―調査結果の背景にある上対馬住民の意識
6. 見直されるべき着地型観光としてのエコツーリズム

あとがき
索  引

このページのトップへ

内容説明

ジオとエコ,2つのツーリズムの定義・成立過程・制度を整理し、ジオパーク・エコパーク・世界遺産あるいはそれに準じた自然遺産を活かしたまちづくりの事例をみながら、2つのツーリズムがめざす観光形態とその重要性を理解するための本。地域が主役となる着地型観光のあり方とは?

このページのトップへ

関連書籍

地理 2014年 12月号

地理 2014年 12月号

特集:ジオパーク 見せる・伝える・深める

立ち読み
 
ジオツーリズム論

ジオツーリズム論

地域の魅力的な自然をどう観光に活かすか?

著者:横山 秀司
 
 
観光地の自然学

観光地の自然学

「なぜ」を謎解く小泉流ジオパークガイド

著者:小泉 武栄
 
 
KOKON ジオパークフィールドノート 北海道・東北

KOKON ジオパークフィールドノート 北海道・東北

ジオパークのジオツアー必須アイテム!

 
KOKON ジオパークフィールドノート 関東

KOKON ジオパークフィールドノート 関東

ジオパークのジオツアー必須アイテム!

 
 
KOKON ジオパークフィールドノート 中部・近畿・中国・四国

KOKON ジオパークフィールドノート 中部・近畿・中国・四国

ジオパークのジオツアー必須アイテム!

 
KOKON ジオパークフィールドノート 九州

KOKON ジオパークフィールドノート 九州

ジオパークのジオツアー必須アイテム!

 
 

このページのトップへ