Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 改訂新版 観光学

改訂新版 観光学

基本と実践

改訂新版 観光学

地域振興の視点から観光学を学ぶ定番テキストをリニューアル。観光資源の種類と温泉地の区分に新たな考えを示した。

著者 溝尾 良隆
ジャンル 観光・地域・まちづくり
観光・地域・まちづくり > 観光
出版年月日 2015/01/20
ISBN/JAN 9784772231640
判型・ページ数 A5・174ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

1観光の基本を理解しマーケティング力を高める
2観光産業の特性で地域の経済社会効果を大きくする 
3国内観光の課題を把握し観光の動向を読む 
4四タイプの観光地の課題の解決を図る 
5長期休暇時代における観光地の整備方向 
6観光の政策と研究を強化する

このページのトップへ

内容説明

改訂新版までの11年間に日本の観光は大きく変化した。東日本大震災からボランティア・ツーリズムが始まり、政府は本格的に観光に取り組み日本初の観光庁を設置。観光関連学科は40校を超えた。本書は観光資源の種類と温泉地の区分に新たな考えを示した。基本を知らずに実践をするな。という意味が「基本と実践」の真意だ。

このページのトップへ

関連書籍

地理 2017年11月号

地理 2017年11月号

特集:観光の人材育成

立ち読み
 
観光サービス論

観光サービス論

観光ビジネスの基本を説く教科書

著者:安田 亘宏
 
 
観光学と景観

観光学と景観

どんな景観が、観光地に選ばれてきたのか

著者:溝尾 良隆
 
 

このページのトップへ