Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 大都市都心地区の変容とマンション立地

大都市都心地区の変容とマンション立地

大都市都心地区の変容とマンション立地

マンションの立地をキーワードに、日本の大都市圏における人口の再集中化の諸要因とメカニズムを考察。

著者 富田 和暁
ジャンル 地理学 > 人文地理
観光・地域・まちづくり > 都市研究
出版年月日 2015/02/02
ISBN/JAN 9784772252850
判型・ページ数 A5・182ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

1:3大都市の都心地区おける20世紀後半の機能的変容
2:6大都市の中心区における人口再集中化と住民属性の変化
3:大都市都心地区におけるマンション立地の急増とその要因
4:大都市都心地区における新規マンション居住者の居住満足度と定住意識-大阪市の事例-
5:大都市圏の郊外都市における新規マンション居住者の居住満足度と定住意識-大阪府北部地域の事例-
6:大都市圏における新時代の居住地選好
終章

このページのトップへ

内容説明

日本の大都市都心地区における最近の大きな変容である人口の再集中化の実態を、マンションの立地をキーワードに,その変容の諸要因とメカニズムを明らかにする。

このページのトップへ

関連書籍

東京大都市圏郊外の変化とオフィス立地

東京大都市圏郊外の変化とオフィス立地

東京一極集中から地方創生へ

著者:佐藤 英人
 
東京大都市圏におけるハウジング研究

東京大都市圏におけるハウジング研究

人はなぜタワーマンションに住むのか

著者:久保 倫子
 
 
東京大都市圏の空間形成とコミュニティ

東京大都市圏の空間形成とコミュニティ

都市とコミュニティの時間的秩序とは?

 
 

このページのトップへ