Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 水環境問題の地域的諸相

水環境問題の地域的諸相

水環境問題の地域的諸相

行政や地域社会が、それぞれの水環境問題にどのように対応してきたかを描くことで、自然環境と人間活動との関係を考察する。

著者 山下亜紀郎
ジャンル 自然・生態・環境 > 環境科学
観光・地域・まちづくり > 地域計画
出版年月日 2015/02/20
ISBN/JAN 9784772281157
判型・ページ数 A5・202ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

Ⅰ章.水環境の質的変化と観光
Ⅱ章.豪雨に伴う土砂災害と防災
Ⅲ章.日本の流域水需給特性の地域的傾向
Ⅳ章.流域の河川水需要と灌漑水利体系
Ⅴ章.水道用水供給システムと流域の地域的条件
Ⅵ章.大都市における水需要と水資源の変遷
Ⅶ章.都市の水辺景観と都市住民の生活との係わり

このページのトップへ

内容説明

コミュニティから流域圏までさまざまな地域スケールにおける水環境問題について,その特徴と行政・住民の対応,生活との関わりを描く。諏訪湖の環境変化,岡谷市の地域防災,那珂川・鬼怒川・小貝川流域の水供給システム,金沢市の用水路景観など。

このページのトップへ

関連書籍

環境市民による地域環境資源の保全

環境市民による地域環境資源の保全

地域環境保全のために市民がすべきこととは

 
流域環境を科学する

流域環境を科学する

埼玉~東京を流れる荒川の自然誌

 
 
身近な地域の環境学

身近な地域の環境学

グローバルに考え,ローカルに行動する

著者:山本 佳世子
 
水環境と地域づくり

水環境と地域づくり

循環型・共生型地域社会の形成に向けて

著者:中藤 康俊
 
 

このページのトップへ