Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 高齢者の居住空間と社会福祉

高齢者の居住空間と社会福祉

高齢者の居住空間と社会福祉

高齢者の居住空間の地域特性、地域社会との関わりを明らかにし、高齢者福祉や地域福祉のあり方を展望する。

著者 西 律子
ジャンル 地理学 > 人文地理
観光・地域・まちづくり
観光・地域・まちづくり > 福祉
出版年月日 2015/06/30
ISBN/JAN 9784772231695
判型・ページ数 A5・316ページ
定価 本体5,800円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

1.高齢者の居住研究の視点
2.居住研究におけるライフストーリー法と調査プロセス
3.文京区の社会・経済特性と高齢者向け住宅・福祉政策
4.単身高齢者の住宅と居住歴
5.シルバーピアでの居住と近隣地域
6.高齢者の地域社会における「場所化」
7.施設統廃合の諸影響

このページのトップへ

内容説明

都市において高齢者はどのように暮らしているのか。これからの高齢者福祉,地域福祉はどうあるべきか。主に低所得層の単身高齢者に焦点を当て,個人の来歴など詳細な実証研究に基づいてその実態を明らかにするとともに,自治体による生活支援や各種サービスなど福祉政策との連関を探る。日本学術振興会出版助成図書

このページのトップへ

関連書籍

地域と高齢者福祉

地域と高齢者福祉

高齢者福祉の地域格差をデータで分析する

著者:杉浦 真一郎
 
東京大都市圏の空間形成とコミュニティ

東京大都市圏の空間形成とコミュニティ

都市とコミュニティの時間的秩序とは?

 
 

このページのトップへ