Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 環太平洋地域の地震災害と復興

環太平洋地域の地震災害と復興

比較地震災害論

環太平洋地域の地震災害と復興

日本、台湾、カリフォルニア、ニュージーランドの事例を元に、発生要因から復興までをトータルに研究する比較地震災害論を提唱。

著者 植村 善博
ジャンル 地球科学・防災
地球科学・防災 > 地震
出版年月日 2015/08/08
ISBN/JAN 9784772231701
判型・ページ数 B5・240ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第Ⅰ部 日本の地震災害と復興過程
第1章 1925年北但馬地震と豊岡町
第2章 1927年北丹後地震と京都府の対応
第3章 1927年北丹後地震と峰山町
第4章 1927年北丹後地震と網野町網野区
第Ⅱ部 台湾の地震災害と復興
第5章 1935年新竹-台中地震の被害と発生要因
第6章 1935年震災における台湾総督府の対応と復興計画
第7章 1999年集集地震による被害と復興
第Ⅲ部 アメリカ・ニュージーランドの地震災害と復興過程
第8章 1925年サンタバーバラ地震と復興過程
第9章 1931年ホークスベイ地震によるネーピアの被害と復興
第10賞 1931年ホークスベイ地震によるヘイスティングスの被害と復興
第Ⅳ部 クライストチャーチの地震災害と復興計画
第11章 2010年ダフィールド地震による被害
第12章 2011年クライストチャーチ地震の被害と発生要因
第13章 2011年震災におけるクライストチャーチの復興計画
終章 1.地震被害と発生要因
   2.復興過程

このページのトップへ

内容説明

環太平洋地域で発生した直下型地震による被害と発生要因および復興過程の特色を、比較地理学の立場から明らかにした。日本、台湾、カリフォルニア、ニュージーランドの事例をもとに3部13章で復興計画を加えた地震災害研究を構成。

このページのトップへ

関連書籍

スマトラ地震による津波災害と復興

スマトラ地震による津波災害と復興

インド洋大津波に、いま学ぶべきこととは?

著者:高橋 誠 編著
田中 重好 編著
木股 文昭 編著
 
 

このページのトップへ