Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 経済・政策分析のためのGIS入門

経済・政策分析のためのGIS入門

ArcGIS10.2&10.3対応

経済・政策分析のためのGIS入門

居住環境の整備や地域経済の活性化などにGISを活用するための分析手順を、空間データの基本から丁寧に解説。

著者 河端 瑞貴
ジャンル GIS・リモートセンシング
GIS・リモートセンシング > 操作マニュアル
大学テキスト > GIS
出版年月日 2015/10/30
ISBN/JAN 9784772231718
判型・ページ数 B5・196ページ
定価 本体3,300円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第1章 GISと経済・政策分析
第2章 空間データの選択・入手方法
第3章 ArcMapの基礎
第4章 空間参照と座標系
第5章 空間データの選択・検索
第6章 空間データの処理:ジオプロセシングツール
第7章 テーブルデータの操作・演算・結合
第8章 空間データの活用:国土数値情報
第9章 空間データの活用:e-Stat国勢調査メッシュ統計
第10章 空間データの活用:e-Stat国勢調査(小地域)統計データ
第11章 アドレスマッチング(ジオコーディング)
第12章 地図の作成
第13章 地価と都心からの距離
第14章 空間統計ツール:空間的自己相関分析
第15章 空間統計ツール:ホットスポット分析
第16章 空間統計ツール:グループ分析
第17章 空間統計ツール:地理的中心の算出
第18章 ヘドニック・モデル:地震危険度と地価
第19章 空間統計ツール:地理空間加重回帰分析

このページのトップへ

内容説明

経済・政策分析に特化した初めてのGISテキスト。ArcGIS(ESRI社)のアプリケーションArcMap Basic版を使い,GIS・空間データの基礎から応用まで幅広くカバー。ホットスポット分析や地理空間加重回帰分析など経済・政策分野で注目されている様々な空間統計ツールの解説や,ヘドニック分析におけるGISの活用など実践的な内容。
*第19章の地理空間加重回帰分析を実行するには、Advancedライセンス、あるいは Spatial Analyst または Geostatistical Analyst のエクステンションが必要です。
【お詫び】 第19章の「GRW」はすべて「GWR」の誤りです。増刷の際には訂正いたします。

 

 

★本文中で使用する演習用データ

am.zip  buffer.zip  chikadst.zip  clip.zip  hedonic.zip  intersect.zip  search.zip  spatialjoin.zip seveneleven.csv  keizai.csv (経済センサス.csv)

 

ファイル名を右クリックし、「対象をファイルに保存」をクリックして保存してください。各ファイルの保存先(ドライブ/フォルダ)およびファイルの使用方法は、本文該当ページの指示に従ってください。*keizai.csv(経済センサス.csv)については、本書73頁で指定されたフォルダに保存した後、ファイル名を「経済センサス.csv」に変更してお使いください。

このページのトップへ

関連書籍

東京大都市圏郊外の変化とオフィス立地

東京大都市圏郊外の変化とオフィス立地

東京一極集中から地方創生へ

著者:佐藤 英人
 
四訂版 GISと地理空間情報

四訂版 GISと地理空間情報

ArcGIS活用マニュアル最新版

著者:橋本 雄一
 
 
地理情報科学

地理情報科学

GISと地理情報科学の標準教科書

 
ジオビジネス

ジオビジネス

ビジネスにおけるGISの応用法がわかる

著者:高阪 宏行
 
 

このページのトップへ