Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 都市の空き家問題 なぜ?どうする?

都市の空き家問題 なぜ?どうする?

地域に即した問題解決にむけて

都市の空き家問題 なぜ?どうする?

大都市圏・郊外・地方都市の実態を具体的に分析し、自治体レベルからまちづくりまで、地域に根差した対策による問題解決を説く。

著者 由井 義通
久保 倫子
西山 弘泰
ジャンル 観光・地域・まちづくり > 社会学
出版年月日 2016/03/31
ISBN/JAN 9784772252911
判型・ページ数 A5・220ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

【都市の空き家問題 なぜ?編】
1 章 空き家増加は過疎地域だけの問題ではない!:郊外や地方都市で広がる空き家条例
 コラム1 空家対策特措法の成立と固定資産税減免措置の問題
2 章 地図からみた日本の空き家問題の地域的特徴
3 章 空き家増加の背景的要因:戦後日本の住宅政策と居住地域構造の変化のなかで
 コラム2 京町家の空き家化
4 章 若者の居住行動と空き家
5 章 地方都市の郊外住宅団地における空き家の発生:呉市昭和地区の事例
6 章 地方都市における空き家の分布と地域特性:宇都宮市の事例
【都市の空き家問題 どうする?編】
7 章 空き家所有者アンケートからみた空き家の特徴と発生要因:宇都宮市の事例
8 章 空き家問題を「全体」でとらえる:地理学的研究の枠組み
9 章 東京大都市圏の郊外地域における空き家増加の実態:茨城県牛久市の事例
 コラム3 空き家調査の手法
10 章 産・民・官による空き家解消への取り組み:宇都宮市の事例
11 章 青森市における不動産業界と大学,地域による空き家対策
12 章 郊外住宅団地における活性化の取り組み:広島市の事例
13 章 東京圏における空き家ビジネスの展開
14 章 高蔵寺ニュータウンにおけるまちづくりの取り組みと課題
 コラム4 全国の自治体による空き家対策
15 章 都市の空き家問題とその対策:まとめと課題

このページのトップへ

内容説明

都市における空き家の増加は個人レベルにとどまらず地域全体の問題となっている。東京大都市圏,地方都市における空き家増加の実態とその背景,空き家法の制定など近年の動向を示すとともに,都市部における空き家の利活用事例,自治体と住民が一体となった対応など各地における問題解決への取り組みを紹介する。

このページのトップへ

関連書籍

被災者支援のくらしづくり・まちづくり

被災者支援のくらしづくり・まちづくり

「被災者」が「健康」に生きるためには?

著者:岩船 昌起 編著
 
人材・介護サービスと地域労働市場

人材・介護サービスと地域労働市場

国内各地における労働市場の実態に迫る

著者:加茂 浩靖
 
 
東京大都市圏におけるハウジング研究

東京大都市圏におけるハウジング研究

人はなぜタワーマンションに住むのか

著者:久保 倫子
 
 

このページのトップへ