Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > ミャンマー

ミャンマー

国家と民族

ミャンマー

歴史、政治、経済、社会、文化など広汎な分野にわたる問題を論文、コラムなど硬軟取り混ぜ、テーマに沿って専門的に論じる。

著者 阿曽村 邦昭 編著
奥平 龍二 編著
ジャンル 観光・地域・まちづくり > 政治経済
出版年月日 2016/04/20
ISBN/JAN 9784772281164
判型・ページ数 A5・830ページ
定価 本体20,000円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第Ⅰ部 東南アジア史におけるミャンマー
(上座仏教文化圏の成立、上座仏教国家の成立と崩壊、英国植民地支配下のミャンマー、日本占領下のミャンマー、連邦国家の形成と挫折)
第Ⅱ部 日本とミャンマーの交流の歴史と伝統
(日緬交流400年史、「日本人」の「ビルマ進出」について、竹山道雄『ビルマの竪琴』に見るビルマの虚像と実像、戦後の日本・ミャンマー関係)
第Ⅲ部 大東亜戦争におけるビルマ―南機関と藤原機関
(日本のビルマ進出の前提としての「南進」、南機関とビルマ国軍、鈴木大佐の「ビルマ独立論」、藤原機関の発足、インド国民軍の誕生、チャンドラ・ボースとインパール作戦、インド国民軍の軍事裁判とインド・ビルマ)
第Ⅳ部 ミャンマー連邦国家の内政と外交
(国軍と政治、ミャンマーの内政と外交の動向、ミャンマーと民族問題、2008年憲法の概要と憲法改正への動向、現代文学から見たミャンマーの政治・社会、国家と宗教)
第Ⅴ部 ミャンマー経済の現状と展望
(メコン地域協力をめぐる中国・日本・米国の対応、ミャンマーの対外開放政策、ミャンマーと日本企業、日本の村・ミャンマーの村)
第Ⅵ部 日本外交官の見たミャンマー
(鎖国から開国へ、キン・ニュン首相失脚、アウンサンスーチーさんまちぼうけ)
第Ⅶ部 現代ミャンマー社会の諸問題
(仏教徒とイスラーム教徒の共存の可能性、ジェンダーをめぐる問題、ミャンマー人仏教徒の死生観、あるNGOの現場報告、難民と国際協力の問題、ミャンマーの保健・医療問題、ミャンマーにおける日本語教育と対日理解)

このページのトップへ

内容説明

歴史、政治、経済、社会、文化など広汎な分野にわたる
様々な問題を論文、エッセー、コラムなど硬軟取り混ぜ
、テーマに沿って専門的に論じる

このページのトップへ

関連書籍

エーヤーワディーの河の流れ

エーヤーワディーの河の流れ

ミャンマーを縦断する大河の風土と暮らし

 
ベトナム 上巻

ベトナム 上巻

ベトナムを理解するための全2巻(上下巻)

著者:阿曽村 邦昭 編著
 
 
ベトナム 下巻

ベトナム 下巻

日本にとって重要な国ベトナムを理解する本

著者:阿曽村 邦昭 編著
 
 

このページのトップへ