Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 「観光まちづくり」再考(地域づくり叢書6)

「観光まちづくり」再考(地域づくり叢書6)

内発的観光の展開へ向けて

「観光まちづくり」再考(地域づくり叢書6)

「観光」と「まちづくり」の合体プロセスとその課題を整理し、中山間地域,大都市,温泉地というタイプの異なる観光地を詳査。

著者 安福 恵美子 編著
ジャンル 観光・地域・まちづくり
大学テキスト > 地理学
シリーズ 地域づくり叢書
出版年月日 2016/03/30
ISBN/JAN 9784772231787
判型・ページ数 A5・166ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

序章
Ⅰ部 観光まちづくり概論
 第1章 まちづくり思想の歴史的考察
 第2章 内発的観光まちづくりの仕掛けづくり-人財育成の視点から-
Ⅱ部 中山間地域における観光まちづくり
 第3章 足助観光まちづくり再考
 第4章 広域観光と観光まちづくり
Ⅲ部 都市における観光まちづくり
 第5章 観光開発と観光まちづくり-東京スカイツリーと「国際観光都市すみだ」の展開を例に-
Ⅳ部 温泉地における観光まちづくり
 第6章 熱海の観光まちづくり再考
終章

このページのトップへ

内容説明

多くの自治体において地域振興策の目玉とされる「観光まちづくり」。しかしその実態は観光振興=観光客を集めることが主眼で,まちづくりは二の次になっている例も多い。「観光」と「まちづくり」の合体プロセスとその課題を整理するとともに、中山間地域,大都市,温泉地というタイプの異なる観光地を詳査し,住民主体の,地域の文化・伝統や生態系に根ざす「内発的観光」の展開を追う。

このページのトップへ

関連書籍

地理 2017年11月号

地理 2017年11月号

特集:観光の人材育成

立ち読み
 
 

このページのトップへ