Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 環境都市政策入門

環境都市政策入門

環境都市政策入門

環境政策において先進的なスウェーデンの取り組みと成果を示した前著『スウェーデンの環境都市政策』の新装改訂版。

著者 山下 潤
ジャンル 観光・地域・まちづくり > 政治経済
出版年月日 2016/04/20
ISBN/JAN 9784772231794
判型・ページ数 A5・192ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第1章 環境問題と都市政策★
1.1 持続可能な発展論★
1.2 都市の持続可能な発展論★
1.3 対象地域の概観
    
第2章 地球温暖化防止にむけた地域・
都市政策と温室効果ガスの排出状況
2.1 EUにおける環境都市政策関連法制度★
2.2 スウェーデンにおける環境都市政策関連法制度
2.3 スウェーデンにおける地球温暖化対策
2.4 スウェーデンにおける温室効果ガスの排出状況★

第3章 政策実施段階での直接規制的手法による地球温暖化対策★
3.1 EUにおける土壌汚染対策制度の概要★
3.2 スウェーデンにおける土壌汚染対策制度
3.3 土壌汚染の可能性がある土地での都市計画
3.4 スウェーデンにおける土壌汚染対策の特徴と課題

第4章 政策実施段階での枠組規制的手法による地球温暖化対策
4.1 環境法典下の総合計画に対する戦略的環境アセスメントによる地球温暖化対策
4.2 日本における環境アセスメント制度★  
4.3 スウェーデンにおける土地利用計画制度とSEA制度
4.4 総合計画におけるSEAの適用
4.5 スウェーデンと他のEU加盟国のSEA制度の比較
4.6 スウェーデンにおけるSEA制度の特徴

第5章 政策実施段階での経済的手法による地球温暖化対策
5.1 経済的手法の種類と長短所★
5.2 補助金による地球温暖化対策  
5.3 税金を通じた地球温暖化対策
5.4 地球温暖化防止対策としての土地利用・都市構造の再編★

第6章 政策アクターからみた地球温暖化対策
6.1 環境ガバナンスと各種のアクター★
6.2 環境ガバナンスの検証
6.3 ソーシャル・キャピタル
6.4 地域投資事業を通じた環境ガバナンスの成果と課題

第7章 地球温暖化対策の政策評価★
7.1 政策評価の手法
7.2 対象事業の概要と分析手法
7.3 CO2削減効果とその要因
7.4 地球温暖化対策の政策評価の成果と課題

あとがき

(★は前著より新たな情報・記述が加わった章・節)

このページのトップへ

内容説明

都市の地域構造に留意し、都市の持続可能性に着目した政策のあり方を考えるとともに、都市解析の手法や政策作成支援ツールの活用法を学ぶ。事例は、欧州諸国のなかでも先進的な取り組みをみせるスウェーデンの環境政策。前著『スウェーデンの環境都市政策』の内容をひきつぎ、新たな事例を加えて新装改訂版として刊行

このページのトップへ