Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 地理 2016年4月号

地理 2016年4月号

特集:GISを社会に活かす◆防災計画や流通,犯罪防止,環境保全など地域のさまざまな課題に対するGISの活用例を紹介します

ジャンル 月刊「地理」
書店発売日 2016/03/25
ISBN/JAN 4910061550467
判型・ページ数 A5・144ページ
定価 本体1,167円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

◆特集:GISを社会に活かす
地域の防災計画にGISを活かす 橋本雄一
流通・マーケティングにGISを活かす 駒木伸比古
自然環境分野におけるGIS活用 金子正美
犯罪予防にGISを活かす 中谷友樹
アメリカから見えるGIS 今木洋大

◆新連載
米国地理学会この10年の曲折1
 躍進と苦悩 野口泰生
ボーダースタディーズで世界を読み解く1
 ボーダースタディーズへの招待 岩下明裕・高木彰彦

◆寄稿
地理教育巡検の実践(前編)
 東洋大学における半日巡検:豊島区南大塚~北区田端 中牧 崇
インド亜大陸地名の南北差 蟻川明男

◆連載
阪神大震災から20年:景観はどう変わったのか5
 被災地を上空から追跡する 池田 碩
ご当地グルメで風土を理解する11
 みずみずしいはなし─岡山の穏やかな気候が育んだフード 早川裕弌
はたらく地理学の現場から7
 企画・編集で活きる地理学の思考の柔軟性 宇田川友道
東アジア-海を渡ったモノと文化9
 辺境の小島の交流と連携─負の景観遺産を現代に活かす 中俣 均
ここに地理がある―地理の中で生きる私たち13
 となりのムスリム―ムスリム観光客と滞日ムスリムの増加 荒井正剛
宇宙から見たユネスコ世界遺産101
 ロックアイランド群と南ラグーン 田中總太郎

◆書架
新書架委員紹介 おすすめの3冊
  佐藤廉也・堤 純・福井朋美・山本健兒・吉田英嗣・渡辺理絵
『遊んで学べる!えほん世界地図』(J.スレーター著/前杢英明監修) 由井義通

このページのトップへ

内容説明

いまやGISは調査・研究や教育現場にとどまらず、実社会のいろんな場面で活用されています。地域の防災計画や流通・マーケティング、犯罪防止、環境保全など地域のさまざまな課題に対してGISがどのように活用されているか、日本各地の事例をレポートします。さらに、GIS先進国アメリカにおけるGISの使われ方も興味津々、あなたは何を想像されますか。

◇特集一覧を見る

このページのトップへ