Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 地理 2016年5月号

地理 2016年5月号

特集:沖縄 森と海と人とのかかわり◆沖縄の自然の特徴とは。人びとは自然とどのように接してきたのか。米軍占領期の景観写真も

ジャンル 月刊「地理」
書店発売日 2016/04/25
ISBN/JAN 4910061550566
判型・ページ数 A5・152ページ
定価 本体1,167円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

★特集:沖縄 森と海と人とのかかわり
亜熱帯・島嶼の自然と人とのかかわり 中井達郎
琉球列島の生物多様性保護と世界自然遺産登録 花輪伸一
沖縄のジュゴンと人とのかかわり 吉川秀樹
サンゴ礁の海に生きる漁師の自然認識 渡久地健・橋本花織
米占領下の石垣島におけるヘレン・フォスターの地質調査
 ─フィールド・アシスタント山里節子さんに聞く─ 長谷川 均

★寄稿
FENICS:異分野同士の学びの場―私のフィールドノートから 椎野若菜
米国地理学会この10年の曲折
 第2回 さまざまな〈多様性〉 野口泰生
地理教育巡検の実践(後編)
 東洋大学におけるワンポイント巡検-文京区白山の事例 中牧 崇

★新連載
学校でジオパーク! 1
 ジオパークの教育をかんがえる 日比野 剛・蒔田尚典・山本隆太

★連載最終回
阪神大震災から20年:景観はどう変わったのか 6
 1995.1.17が遺したもの 池田 碩

★連載
ご当地グルメで風土を理解する 12
 馬・鹿なはなし─秋田の食肉文化 横山俊一
ボーダースタディーズで世界を読み解く 2
 ボーダーレスな世界とボーダーフルな世界─フィルターとしての国境― 川久保文紀
「なぜ?」から始まる風景学 8
 なぜ阿蘇の火砕流台地では土地利用が異なるのか 小泉武栄
地理でアクティブ・ラーニング 3
 北国と南国 住むならどっち?─中学校での実践 竹原英司

★書架
『アンデス自然学』(水野一晴編) 佐藤廉也
『地図で読み解く江戸・東京』(江戸風土研究会編著、津川康雄監修) 堤 純
『島耕作の農業論』(弘兼憲史著) 福井朋美
『ポスト資本主義』(広井良典著) 山本健兒
『なぜ疑似科学が社会を動かすのか』(石川幹人著) 吉田英嗣
『幕末に海を渡った養蚕書』(竹田 敏著、鈴木幸一ほか編) 渡辺理絵
『オーストリアの風景』(浮田典良・加賀美雅弘・藤塚吉浩・呉羽正昭著) 池永正人
『北極読本』(南極OB会編集委員会編) 澤柿教伸

★地理ブログ
地理オリンピック代表決まる(編集部)
「ちばの地理再発見」連載中!(関 信夫)

このページのトップへ

内容説明

沖縄ほど自然と人との関わりが強く見られる地域は他にはありません。沖縄の自然の特徴とは何か? 沖縄の人びとは森や海とこれまでどのように接してきたのか? 自然をどのように守ろうとしているのか? 等々、沖縄における自然と人との様々なかかわりについて紹介するとともに、米軍による占領下沖縄の地質調査に同行した一人の沖縄女性の記録を写真とともに掲載します。

◇特集一覧を見る

このページのトップへ

関連書籍

「なぜ?」から始まる風景学(2)(月刊「地理」連載)

「なぜ?」から始まる風景学(2)(月刊「地理」連載)

「なぜ?」という視点で風景をみてみよう!

著者:小泉 武栄
立ち読み
 
 

このページのトップへ