Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 利根川近現代史

利根川近現代史

利根川近現代史

利根川東遷から建設の是非が問われた八ッ場ダムの問題まで、利根川における近代以降の国土づくりを読み解く。

著者 松浦 茂樹
ジャンル 文化・歴史 > 歴史
出版年月日 2016/08/01
ISBN/JAN 9784772252935
判型・ページ数 A5・516ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

は じ め に i
第1章 近代初頭の利根川の概要と近代改修の課題 
 1 平地部利根川の概況 
 2 近代利根川改修の課題 
第2章 利根川修築事業と低水路整備 
 1 明治前期の「国土づくり」 
 2 全国の河川修築事業の展開 
 3 利根川修築事業 
第3章 1900(明治33)年利根川改修計画 
 1 河川法の成立と治水(洪水防御)事業の展開 
 2 近藤仙太郎の利根川改修計画 
 3 改修事業 
第4章 足尾鉱毒事件と渡良瀬川改修 
 1 近代初頭の渡良瀬川の概況 
 2 足尾鉱毒問題の発生 
 3 鉱毒被害民の反対運動と政府の対応 
 4 渡良瀬川中・下流部の治水の動向 
 5 第二次鉱毒調査会による渡良瀬川改修計画の議論 
 6 栃木県による谷中村廃村と遊水地化 
 7 思川改修計画の挫折 
 8 渡良瀬川改修事業 
 9 足尾鉱毒への技術的対応の評価 
第5章 1910(明治43)年大出水による利根川改修計画見直し 
 1 日露戦争後の「国土づくり」 
 2 第一次治水長期計画の策定 
 3 利根川改修計画の改訂 
 4 改訂計画にみる江戸川・中利根川の分流問題 
 5 江戸川改修事業 
第6章 利根川・小貝川の合流処理 
 1 布佐・布川の狭窄部と洪水疎通 
 2 小貝川合流計画 
第7章 利根川中流部の河道整備-江戸川流頭部「棒出し」を中心に- 
 1 近世後期の河道整備 
 2 近代初頭 
 3 「棒出し」と栃木県・埼玉県 
 4 田中正造と「棒出し」 
 5 東京港築港と江戸川流頭部「棒出し」問題
 6 茨城県と「棒出し」問題 
 7 「棒出し」撤去の評価 
第8章 利根川上流部・中条堤をめぐる河川処理 
 1 中条堤上流部の大遊水地 
 2 中条堤をめぐる地域対立 
 3 1910(明治43)年大出水とその善後策
 4 新たな改修計画の策定 
第9章 1938(昭和13)年の利根川増補計画 
 1 明治の「国土づくり」の完成 
 2 1935(昭和10)年,1938(昭和13)年大洪水と流量改訂 
 3 事業計画 
 4 計画の評価 
第10章 戦前の埼玉平野の治水整備 
 1 近世の河道整備と治水秩序 
 2 近代化と治水課題 
 3 大正から昭和初頭の中川および綾瀬川改修事業 
 4 埼玉県による十三河川改修事業 
 5 中川・綾瀬川・芝川三川総合改修増補計画 
 6 埼玉平野治水整備の特徴 
第11章 戦前の利水計画 
 1 戦前の「国土づくり」 
 2 河水統制計画の登場 
 3 江戸川水利統制事業 
 4 戦前の奥利根河水統制計画 
第12章 近代河川舟運と低水路整備 
 1 明治時代の河川舟運整備 
 2 利根運河事業 
 3 昭和前期の利根川低水路事業計画 
 4 利根川増補計画と舟運 
 5 戦後の河川舟運 
第13章 戦後の利水事業
 1 河川総合開発事業の推進 
 2 利根川総合開発事業 
 3 利根導水事業
 4 利根川河口堰の築造 
 5 水資源開発(利水)計画と維持流量の定義 
第14章 1949(昭和24)年の利根川改修改訂計画 
 1 改修計画の概要 
 2 基本高水流量(計画対象流量)17,000m3/s決定の経緯 
 3 改修計画の策定経緯 
 4 改修工事の概況 
 5 改修計画の評価 
第15章 高度経済成長時代の河川政策 
 1 昭和30年代(1955~64年)の河川政策の到達点 
 2 昭和40年代(1965~74年)の社会経済の概況
 3 治水五ヶ年計画にみる河川計画の進展 
 4 昭和40年代(1965~74年)の水資源開発 
 5 ま と め 
第16章 埼玉平野の都市化と治水・利水 
 1 中川水系総合開発計画 
 2 戦後の改修事業 
 3 農業用水合理化事業 
第17章 渡良瀬川低地部の水管理 
 1 渡良瀬川平地部の水利秩序の歴史的形成 
 2 草木ダムの築造と国営渡良瀬川沿岸農業水利事業 
 3 渇水時における草木ダムの機能の評価 
 4 新たな水管理 
第18章 1980(昭和55)年利根川改修計画 
 1 治水計画策定方針の変更 
 2 基本高水(流量)の決定手法 
 3 利根川流量改定
 4 地域間調整 
 5 ま と め 
第19章 2005(平成17)年度利根川河川整備基本方針策定と見直し
    -八ッ場ダム問題を中心に- 
 1 河川整備基本方針に基づく計画の見直し 
 2 民主党政権下での見直し作業 
 3 河川整備計画と目標流量 
 4 整理と考察 
第20章 今後の展望 
 1 利根川治水についての私の考え
 2 八ッ場ダム築造についての私の主張 
 3 環境と治水 
 4 埼玉平野の水循環の改善 
 5 超過洪水対策を考える 
 6 舟運への期待 
 7 鬼怒川決壊に想う 
附章 戦国末期から近世初期にかけての利根川東遷 
 1 権現堂堤の築造 
 2 赤堀川開削を中心とした栗橋周辺部の河道整備 
 3 江戸川開削を中心とした関宿周辺の河道整備 
 4 利根川東遷・江戸川開削の目的 
 5 戦国時代後半の河道整備 
 6 戦国期から近世初期の埼玉平野の整備 
 7 おわりに 
 あとがき 
 用語解説 

このページのトップへ

内容説明

本書は,利根川の治水・利水について,国土の近代化と関連させながら,明治改修から現代の八ッ場ダムにいたるプロジェクトを詳細に論じていったものである。さらに,付章として近世初頭前後の利根川東遷についても述べる。

このページのトップへ

関連書籍

大和川付替えと流域環境の変遷

大和川付替えと流域環境の変遷

大規模付替えに伴う変貌を実証分析

著者:西田 一彦 監修
山野 寿男 他編
玉野 富雄 他編
 
耕地開発と景観の自然環境学

耕地開発と景観の自然環境学

河川環境と開発との相互関係を見出す試み

著者:橋本 直子
 
 
沖積低地の地形環境学

沖積低地の地形環境学

沖積低地の特性と生い立ちがわかる基本書

著者:海津 正倫
 
自然と人間の関係の地理学

自然と人間の関係の地理学

いまこそ地理学の伝統に立ち返ろう!

著者:安田 喜憲
高橋 学
 
 

このページのトップへ