Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 地理教育研究の新展開

地理教育研究の新展開

地理教育研究の新展開

アクティブラーニングの導入など地理教育の最近の課題や動向、地理教育の将来展望を示す意欲的な論考など24編を収載。

著者 山口 幸男
山本 實
横山 満
山田 喜一
寺尾 隆雄
松岡 路秀
佐藤 浩樹
今井 英文
中牧 崇
ジャンル 教育・教材
教育・教材 > 教育研究
出版年月日 2016/11/20
ISBN/JAN 9784772252942
判型・ページ数 A5・286ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

はしがき(山口幸男)
第Ⅰ部 地理教育の本質論,カリキュラム論
第1章 日本の主体的社会科地理教育論を目指して
(山口幸男)
第2章 宇宙時代の地理教育を考える-宇宙からの地球認識をどう教えるか-(西岡尚也)
第3章 中学校学習指導要領社会科地理カリキュラムにみる学習の内容的側面と方法的側面に機能する地理的概念(吉田 剛)
第Ⅱ部 地理教育の内容論,教材論
(地形,災害,人口問題,世界遺産,世界地誌)
第4章 陥没地形に着目した高校地理の実践
(西 克幸)
第5章 高校地理における災害地名等に着目した地域教材の開発-防災的視点を導入して-(髙田準一郎)
第6章 持続可能な社会の形成を考える人口問題を取り上げた地理ESD授業-中国の「一人っ子政策」の地理的探求を通して-(永田成文)
第7章 世界文化遺産を教材活用した授業実践の内容と効果-小学社会科指導法を事例として-
(菊地達夫)
第8章 「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録と地理教育における蚕糸絹文化(大島登志彦)
第9章 世界地誌をどのように理解させるか-東南アジア,アフリカを事例として-(松浦直裕)



第Ⅲ部 地理教育の学習指導方法論
(巡検・フィールドワーク,アクティブラーニング,地図,地名)
第10章 高等学校におけるウォークラリー巡検の実践と評価(今井英文)
第11章 高等学校におけるフィールドワークの実践とその意義・成果に関する考察-「足尾鉱毒事件とその今日的課題」をテーマとして-(横山 満)
第12章 巡検学習における地図的能力と地図指導
(中牧 崇)
第13章 地理学習におけるアクティブラーニングの意義-高校地理A「深まる世界の相互依存関係」をテーマにした授業実践を事例に-(泉 貴久)
第14章 小中高の地理教育の系統性と発展性 -「地図・地形図学習」の場合-(針谷重輝)
第15章 国名知識獲得が学習に与える好影響
(本田 清)
第Ⅳ部 地歴連携学習論,総合的な学習論
第16章 高等学校地理授業における地歴連携授業の開発と実践-地理演習授業を中心に-(山本 實)
第17章 貨幣改鋳から考察する江戸時代の経済構造
   -日本史授業における地歴公連携の試み-
(寺尾隆雄)
第18章 社会科地理が主導した「総合的な学習の時間」の実践(松岡路秀)
第Ⅴ部 小学校社会科地理教育論
第19章 同心円的拡大主義の再評価-地理を基盤とした小学校社会科カリキュラムとして-(佐藤浩樹)
第20章 広領域総合的科目小学校社会科としての国土学習の改善-<国土>に対する理解と愛情の関係性に着目して-(金野誠志)
第Ⅵ部 大学における地理教育論
第21章 高等学校地理教員採用の現状と大学での授業実践-地理必修化を視野に入れて-(辰己 勝)
第22章 中学校1種免許(社会)の教職課程「教科に関する科目」の地理学の授業について(山田喜一)
第23章 大学での社会科教育法のアクティブラーニング授業-景観レポ-トと地図帳活用に焦点を当てて-(酒井喜八郎)
第24章 地理と歴史とのバランスのよい学びの必要性を実感させる地理歴史科教育法の授業(伊藤裕康)

このページのトップへ

内容説明

 全国地理教育学会設立10周年記念出版。地理教育および関連分野の理論的・実践的な論考24編を収載する。地理教育の最近の課題や動向,地理教育の将来展望を示す意欲的な論考など,これからの地理教育のあるべき指針を示す。

このページのトップへ

関連書籍

巡検学習・フィールドワーク学習の理論と実践

巡検学習・フィールドワーク学習の理論と実践

手軽にできるワンポイント巡検のすすめ

著者:松岡 路秀 他編
今井 英文 他編
山口 幸男 他編
 
地理教育・社会科教育の理論と実践

地理教育・社会科教育の理論と実践

山口幸男教授の退職記念地理教育論文集

著者:山口 幸男
 
 

このページのトップへ