Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 教科教育におけるESDの実践と課題

教科教育におけるESDの実践と課題  新刊

地理・歴史・公民・社会科

教科教育におけるESDの実践と課題

学習指導要領の柱のひとつ「ESD」の小中高校の各教科における実践と,そこから見えてきた課題について解説。

著者 井田 仁康
ジャンル 教育・教材
出版年月日 2017/03/10
ISBN/JAN 9784772231855
判型・ページ数 A5・304ページ
定価 本体7,500円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

序章 ESD の系譜(井田仁康)
【第Ⅰ編 教科教育におけるESD】
1.教科教育としてのESD 授業開発の手法(志村 喬)
2.高等学校「地理総合」における防災教育の一事例(吉水裕也)
3.広島県におけるESD 実践の展開と特質(永田忠道)
4.身近な地域の調査を通した地理教育におけるESD の可能性(金玹辰)
5.ESD としての「世界記憶遺産」(國分麻里)
6.過去を通して未来を構想する社会科歴史学習の課題と可能性(熊田禎介)
7.ドイツ歴史学習にみるESD としての近代社会像の探究(佐藤 公)
8.法教育における公正に対するものの見方や考え方の育成(磯山恭子)
9.グローバル・ガヴァナンス論の現在(小野智一)
10.社会科における持続可能な社会づくりに向けた社会認識の形成(坪田益美)
11.公民教育とESD(唐木清志)
12.ESD の態度目標と授業づくりの視点(竹内裕一)
【第Ⅱ編:海外におけるESD】
13.ポルトガルにおけるESD の展開と地理教育(池 俊介)
14.「今現在」のイギリスにおいて地理を教える(Clare Brooks/志村 喬訳)
15.フィンランドの地理教育とサスティナビリティー教育(Sirpa Tani/山本隆太訳)
16.ESD:アメリカ合衆国の地理ナショナルスタンダードの分析から(Michael Solem and Susan Heffron/永田成文訳)
17.シンガポールの地理教育におけるESD(Geok Chin Ivy Tan/山本隆太訳)
18.IGU 地理教育国際憲章2016〈全訳〉(IGU/大西宏治訳)
終章 ESD の展望(井田仁康)

このページのトップへ

内容説明

「持続可能な社会づくりの教育」などと訳されるESD(Education for Sustainable Development)とは何か。そのねらいである,思考力,分析能力,コミュニケーション能力などを育成し自らの価値観を養うためにはどのような学習が求められるのか。小中高校の各教科におけるESDの実践と,そこから見えてきた課題について解説する。海外5カ国の事例およびIGU(国際地理学連合)が承認した国際憲章も参考に。

このページのトップへ

関連書籍

持続可能な社会と地理教育実践

持続可能な社会と地理教育実践

ESDカリキュラム開発のための教育実践

 
 

このページのトップへ