Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 人口減少時代の都市システムと地域政策

人口減少時代の都市システムと地域政策

人口減少時代の都市システムと地域政策

人口減少時代においても地域格差は拡大している。「同等の生活条件」の確立を目指して都市システムの改善を主張する。

著者 森川 洋
ジャンル 観光・地域・まちづくり > 地域計画
出版年月日 2017/04/17
ISBN/JAN 9784772242028
判型・ページ数 A5・250ページ
定価 本体7,200円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

Ⅰ.人口減少時代の到来と都市システムの構造
(市町村の現状と将来、人口移動からみた都市システム、市町村間の年齢階層別人口
移動)
Ⅱ.人口減少時代における地域政策構想と市町村行政の現状
(国土計画に対する新たな発想とその問題点他)
Ⅲ.最近の地域政策
(定住自立圏構想と圏域設置の問題点、連携中枢都市圏構想とその問題点、地方中小都市の振興、著者都市圏設定、過疎地域などの諸問題、小規模町村のかかえる問題他)

このページのトップへ

内容説明

人口減少時代においても地域格差は依然として拡大している。「同等の生活条件」の確立を目指して都市システムの改善を主張する。

このページのトップへ

関連書籍

地域格差と地域政策

地域格差と地域政策

地方が活性化しているドイツの政策に学ぶ

著者:森川 洋
 
「平成の大合併」研究

「平成の大合併」研究

合併・非合併がもたらしたものとは

著者:森川 洋
 
 

このページのトップへ