Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 二訂版 QGISの基本と防災活用

二訂版 QGISの基本と防災活用  新刊

二訂版 QGISの基本と防災活用

フリーGISソフトQGISの基本操作マニュアル。最新バージョンに対応し、地理院地図の活用法や新たな事例を追加した改訂版。

著者 橋本 雄一
ジャンル 地球科学・防災 > 防災
GIS・リモートセンシング > 操作マニュアル
大学テキスト > GIS
出版年月日 2017/10/17
ISBN/JAN 9784772231862
判型・ページ数 B5・191ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

◆第Ⅰ部 基礎概念の説明
第1章 地理空間情報とGIS(橋本雄一)
第2章 測地系と座標系(橋本雄一)
◆第Ⅱ部 地理空間情報の入手と地図化
第3章 基盤地図情報のダウンロードと地図化(橋本雄一)
第4章 国勢調査データのダウンロードと地図化(橋本雄一)
第5章 国土数値情報のダウンロードと地図化(橋本雄一)
第6章 避難場所のデータベースと分布図の作成(橋本雄一)
第7章 北海道津波浸水結果GISデータのダウンロードと地図化(橋本雄一)
◆第Ⅲ部 QGISの分析技法
第8章 座標変換(橋本雄一)
第9章 空間データの結合(橋本雄一)
第10章 バッファとボロノイ分割(橋本雄一)
第11章 地図データへの属性データの結合(橋本雄一)
第12章 検 索(橋本雄一)
第13章 オーバーレイ(橋本雄一)
◆第Ⅳ部 QGISによるハザードマップ作成
第14章 ハザードマップの作成(橋本雄一)
第15章 数値標高モデルを利用したハザードマップ(雫石和利,橋本雄一)
第16章 地理院地図とQGISを利用したハザードマップ作成(塩﨑大輔,橋本雄一
第17章 地理院地図を利用したハザードマップ(雫石和利,橋本雄一)・
第18章 位置情報を持たない地図画像のQGISでの利用(川村 壮)
◆第Ⅴ部 GISによる防災の活用事例
第19章 津波避難困難地域の人口推定(橋本雄一)
第20章 日本海沿岸の新想定データを用いた北海道の津波浸水想定域人口推定 (橋本雄一)
第21章 GPSログデータを用いた疑似的津波集団避難の空間分析(奥野祐介,塩﨑大輔,橋本雄一)
第22章 津波避難ビルを対象とした避難行動シミュレーション(深田秀実,橋本雄一)
第23章 津波ハザードマップ作成マニュアルと自治体の防災活動(橋本雄一,深田秀実,川村 壮)

付録1 シェープファイルの文字コード変換(雫石和利)
付録2 空間演算ツールやジオメトリツールがメニューに表示されない場合の対処法(橋本雄一)
事項索引
ファイル名索引
操作索引

このページのトップへ

内容説明

無料で入手できるGISソフトQGISの基本操作を解説したもの。全23章のうち、1~14章までの作業を行えば、ハザードマップを作成できるようになる。

【初版からの追加・変更点】QGISの最新ヴァージョンに対応(ver.2.18.12 Las Palmas)/地理院地図に対応させる方法/QGISで地図データを作成する方法/2017年公開e-Statの国勢調査データ利用方法/北海道日本海沿岸津波浸水データを追加/津波避難ビルへの徒歩避難シミュレーション、スマホを用いた集団避難の移動ログ分析など新事例を追加

このページのトップへ

関連書籍

QGIS入門 第2版

QGIS入門 第2版

QGISマニュアル、待望の最新版!

著者:今木洋大 編著
岡安 利治 編著
 
四訂版 GISと地理空間情報

四訂版 GISと地理空間情報

ArcGIS活用マニュアル最新版

著者:橋本 雄一
 
 
東日本大震災津波詳細地図 改訂保存版

東日本大震災津波詳細地図 改訂保存版

原寸大判地形図に描かれた津波の貴重な記録

著者:原口 強
岩松 暉
 
 

このページのトップへ