Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 地理 2017年10月号

地理 2017年10月号  新刊

特集:防災 知っておきたい地形用語◆メディアの災害報道であやまって使われやすい用語を地形の専門家がやさしく解説

ジャンル 月刊「地理」
書店発売日 2017/09/25
ISBN/JAN 4910061551075
判型・ページ数 A5・136ページ
定価 本体1,167円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

★特集:防災 知っておきたい地形用語
防災にとっての地形用語の意義と課題 海津正倫
活断層に関するさまざまな用語-地震断層・震源断層・起震断層
 鈴木康弘
氾濫原にみられる微高地はすべて自然堤防起源か 堀 和明
旧河道と「おっぽり」-災害に弱い旧河道とおっぽりの話
 海津正倫・久保純子
砂州と砂嘴-忍びよる海岸侵食と砂州の決壊 平井幸弘
土砂災害に関わる地形 久保純子・宇根 寛・熊木洋太
地形と噴出物から考える噴火と災害-火山をとりまく用語 鈴木毅彦

★寄稿
米国ソルトレーク市を襲った融雪洪水大災害から34年 池田 碩
アマゾン:持続的開発の舞台(後編) 土谷彰男

★連載
鳥の目で地形や風景を見てみよう! 8
 スコリア丘と溶岩ドーム 早川由紀夫
地理でコミュニケーション! 9
 「地理学アウトリーチフォーラム」の活動 野々村邦夫・三橋浩志
人々がはぐくむ景観~スペインのブドウ畑から~ 4
 あるく-風景に浸かる 齊藤由香
乗り鉄のための地理入門 6
 構造線をめぐる山と大河と街とレール
 ~阿波池田付近と吉野川:土讃線~ 大木隆志
失われた村の話 2
 浅間山麓六里ヶ原とその周辺(後編) 茗荷 傑
学術用語と教育用語 どうちがう? どうする? 3
 学校教育での地理・地学用語の整理を目指して 根本泰雄
世界の地理教師たちとつくる新しい地理教材 5
 地理的見方・考え方にもとづく防災についての考察
  秋本弘章・中村文宣・武者賢一・西川昌宏
こうありたい「地理総合」-すべての高校生が学ぶ地理 4
 「地理総合」と「地理探究」 佐々木智章
宇宙から見たユネスコ世界遺産 110
 オルホン渓谷の文化的景観 田中總太郎

★地理ちりブログ
地理オリンピック2017 編集部
地理・地図教育を支援 高田明典

★書架
『生活における地理空間情報の活用』(川原靖弘ほか編著)佐藤廉也
『人口と日本経済』(吉川 洋著)山本健兒
『絵図でよむ荘園の立地と環境』(額田雅裕著)渡辺理絵
『フンボルトの冒険』(アンドレア・ウルフ著)細田 浩・山下脩二

このページのトップへ

内容説明

テレビやネットなど様々な災害報道で使われる地形用語について、あれっ、なんか変?と思ったことはありませんか。活断層と地震断層はどうちがう? 砂州と砂嘴、決壊するのはどっち? 旧河道とおっぽりはどう見分ける? 土石流と地すべり・斜面崩壊のちがいは? 等々、あやまって使われやすい用語について地形の専門家がやさしく解説します。

 

◇特集一覧を見る

このページのトップへ