Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 経済・政策分析のためのGIS入門 2:空間統計ツールと応用

経済・政策分析のためのGIS入門 2:空間統計ツールと応用  新刊

ArcGIS Pro対応

経済・政策分析のためのGIS入門 2:空間統計ツールと応用

ArcGISの空間統計ツールを用いた分析方法や防災・環境などへのGISの応用事例について解説。

著者 河端 瑞貴 編著
ジャンル GIS・リモートセンシング
GIS・リモートセンシング > 操作マニュアル
大学テキスト > GIS
出版年月日 2018/04/27
ISBN/JAN 9784772231893
判型・ページ数 B5・120ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第1部 空間統計ツール
 第1章 空間統計ツール
 第2章 大域的空間的自己相関:Global Moran's I
 第3章 局所的空間的自己相関:Local Moran's I
 第4章 局所的空間的自己相関:Getis-Ord Gi*
 第5章 グループ分析
 第6章 地理的中心・加重平均中心
 第7章 地理的加重回帰(GWR)
 第8章 時空間ホットスポット分析
第2部 GISの応用
 第9章 ヘドニック・モデル:地震危険度と地価(河端瑞貴)
 第10章 モデルビルダー(羅 雁劼)
 第11章 jSTAT MAPを活用した救急告示病院の道路ネットワーク上到達圏(小林優一)
 第12章 夜間光ラスターデータを用いた都道府県別夜間照度の要約統計量(山田昂弘)
 第13章 Landsat8ラスターデータを用いた植生活性度の視覚化-ルワンダ近辺の事例(山田昂弘)

このページのトップへ

内容説明

汎用GISソフト「ArcGIS」のデータを2D・3D環境で可視化、解析、編集するための最新アプリケーション「ArcGIS Pro」に対応。さまざまな空間統計ツールを用いた空間データ分析の実際を丁寧に解説します。第2部では地震危険度と地価との関係やモデルビルダー、ラスターデータを用いた各種分析などGISの応用事例を紹介。計画立案や環境整備等に役立ちます。

 

◆演習用ダウンロードデータ

gisdata2_1.zip  gisdata2_2.zip

※「C:\gisdata2」フォルダーを作成し、その中に、上記zipファイルを展開したファイルを入れてください。

このページのトップへ

関連書籍

経済・政策分析のためのGIS入門 1:基礎

経済・政策分析のためのGIS入門 1:基礎

空間データの基本と分析手順を丁寧に解説

著者:河端 瑞貴
 
四訂版 GISと地理空間情報

四訂版 GISと地理空間情報

ArcGIS活用マニュアル最新版

著者:橋本 雄一
 
 
地理情報科学

地理情報科学

GISと地理情報科学の標準教科書

 
 

このページのトップへ