Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 北西ヨーロッパの空間構造

北西ヨーロッパの空間構造

ヨーロッパ地誌を目指して

北西ヨーロッパの空間構造

農村~地方都市~大都市を対象とした長年にわたる調査体験をもとに、独・仏など北西ヨーロッパに共通する地域像を描き出す。

著者 櫻井 明久
ジャンル 地理学 > 人文地理
経済・産業 > 地域研究
出版年月日 2018/02/20
ISBN/JAN 9784772271448
判型・ページ数 B5変・230ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

Ⅰ研究の目的と方法 
Ⅱ二つの集落にみる農業の空間構造 
Ⅲ北西ヨーロッパにおける農業に関わる空間構造 
Ⅳ住宅地域としての農業地域 
Ⅴケルン・ボン大都市圏郊外部の空間構造 
Ⅵ地方都市ボンの空間構造 
Ⅶ大都市ケルンの空間構造 
Ⅷ世界都市パリ大都市圏 
Ⅸ都市からみた北西ヨーロッパの空間構造 
Ⅹヨーロッパと北西ヨーロッパ

このページのトップへ

内容説明

長年にわたる調査体験をもとに、ドイツ、フランスなど北西ヨーロッパに共通する地域像を描き出す。農村における土地利用に始まり、地方都市・大都市圏・世界都市圏の空間構造へと広がる視点は地誌を描く際の重要な一部となる。

このページのトップへ

関連書籍

観光先進地ヨーロッパ

観光先進地ヨーロッパ

地理学からの「観光学」へのアプローチ

著者:淡野 明彦 編著
 
カール・フォン・リンネの地域誌

カール・フォン・リンネの地域誌

リンネの観察力に学ぶ

著者:塚田 秀雄 訳著
 
 

このページのトップへ