Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 都市郊外のジェンダー地理学

都市郊外のジェンダー地理学

空間の変容と住民の地域「参加」

都市郊外のジェンダー地理学

計画的空間として生み出された郊外空間の変容と、そこに展開される住民の日常的な実践をジェンダーの視点から考察。

著者 関村 オリエ
ジャンル 地理学 > 人文地理
観光・地域・まちづくり > 社会学
出版年月日 2018/02/20
ISBN/JAN 9784772253154
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体5,200円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第Ⅰ部 序論
第1章 問題関心の所在と研究目的
第2章 都市空間をめぐるジェンダー地理学の視点と課題
第3章 都市郊外空間の変容と住民の参加をとりまく問題
第Ⅱ部 郊外空間における高齢化と退職者による地域参加
第4章 社会関係の構築機会としての地域への参加
第5章 男性退職者のサークル活動参加プロセス
第Ⅲ部 「縮小化」する郊外空間と主婦による地域への参加
第6章 「都市の縮小化」と自治体の民営化
第7章 多摩ニュータウン南大沢地区における主婦の起業
第Ⅳ部 結論
第8章 ジェンダーの視点からみた郊外空間の変容と住民による地域への参加

このページのトップへ

内容説明

計画的空間として都市郊外に生み出された郊外空間の変容と、そこに展開される住民の日常的な実践を、ジェンダーの視点から考察する。また、住民による地域への「参加」について、新たに捉えなおす視点を提供する。

このページのトップへ

関連書籍

女性とツーリズム

女性とツーリズム

観光ジェンダー学へのいざない

著者:友原 嘉彦 編著
 
 
働く女性の都市空間

働く女性の都市空間

働く女性のライフスタイルと居住地選択とは

 
都市空間とジェンダー

都市空間とジェンダー

居住空間の概念を導入したジェンダー研究

著者:影山 穂波
 
 

このページのトップへ