Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > 若者の就職移動と居住地選択

若者の就職移動と居住地選択  新刊

都会志向と地元定着

若者の就職移動と居住地選択

若年層の人口移動の実態と要因、問題点について、データの詳細な分析に加えて、意識構造や親世代の影響なども取り上げて考察。

著者 山口 泰史
ジャンル 観光・地域・まちづくり > 社会学
経済・産業 > 人口
出版年月日 2018/11/20
ISBN/JAN 9784772290135
判型・ページ数 A5・194ページ
定価 本体4,400円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

序 章
第1章: 若年層移動研究の系譜
第2章: 若年層移動の概要
第3章: 地方圏における若年者の出身地残留傾向とその要因
第4章: 地方圏出身新規大卒者のUターン移動と就職
第5章: 高校生の就職における組織的求人システム
第6章: 地方圏出身者のUターン者・非Uターン者の意識構造
第7章: 地方圏における親世代の意識構造と若者流出への影響
結 論

このページのトップへ

内容説明

地方圏出身者を中心とした若年層の人口移動を取り上げ、その実態と要因、問題点について考察する。人口移動データの詳細な分析だけでなく、高校生の求人システム、Uターン者・非Uターン者の意識構造、親世代の意識が若者流出に及ぼす影響などを取り上げているのが特徴。

このページのトップへ

関連書籍

地域と人口からみる日本の姿

地域と人口からみる日本の姿

人口から現代日本を読み解く易しいテキスト

 
 

このページのトップへ