Since1922 地理学とともに歩む
ホーム > お知らせ(メディアで紹介されました)

お知らせ(メディアで紹介されました)

東京の桜は3月21日に開花宣言でしたが、寒い日が続いてました。
ようやく暖かくなりはじめ、東京の桜は満開をむかえようとしています。
小社の近くには神田明神があり、桜の季節には多くの人が訪れます。

 

 

 

新発売のフィールドノート「さくら」と神田明神の桜を一緒に撮ってみました。

先日の嵐で、落ちてしまった花の大きさをフィールドノートの裏側にあるスケールを使って測ってみました。花びら1枚の大きさは約1.5㎝くらいでしょうか??

 

さて、今回はフィールドノートの使い方の一例を紹介します。


神田明神の東側には、明神男坂(以下、男坂)という坂があります。

 

男坂は本郷台地の東端に位置していて、写真では伝わりにくいですが、
それなりの高低差があります。

 

では実際、男坂はどれくらいの高低差があるでしょうか?

この高低差、どうやって調べますか?

 




 

 

 

 

まず地理院地図で見てみると、階段の上から下までの間に等高線が1本階段の途中に入っています(表示される位置は坂の上です)。

ということは高低差が十数mあると推測できます。

 

 

 

 

 

さらにもう少し詳細な高低差を簡単に知るのにフィールドノートが活躍します!

 

 

男坂は「坂」という名がついていますが、上の写真のように階段で上り下りができます。

 

そこで階段一段分の高さをフィールドノートを使って測ってみましょう!

 

 

階段一段は、およそフィールドノートの縦と同じサイズの約17cmです。

これが分かればあとは階段の一番下から上まで何段あるか数えれば、
男坂のおよその高低差がわかります。

 

 

実際にのぼってみると68段あったので、

男坂の高低差は、0.17(m)×68(段)11.56 m

ほら、簡単に調べられましたね!なかなかの高低差です。

 

皆さんも身のまわりにある高低差を、フィールドノートを使って調べてみましょう!

そしてどうしてこの高低差ができたのかを花見をしながら仲間と語りましょう(笑)。

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

好評発売中の鳥取砂丘学が、

2017319日発売の「中國新聞」読書欄で紹介されました。

 

※画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

好評発売中の利根川近現代史が、

2016年9月28日発売の建設通信新聞で紹介されました。

 

※画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

 

 

 

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

東京新聞2016年6月23日朝刊「地理女が行く」

月刊「地理」3月増刊『地理✕女子=新しいまちあるき』をきっかけに生まれた<地理女子>にメディアも注目!

画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

 

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

地理 2016年3月号増刊「地理×女子=新しいまちあるき」の見どころをお茶の水女子大学の学生が動画で紹介しています!


以下の画像をクリックすると動画をご覧いただけます。


【追加情報】 英語字幕も表示可能になりました!

※画像から動画が見られない方は、以下URLよりご覧ください。

 https://www.youtube.com/watch?v=ZA0ZFfC0MLA

関連書籍はこちら

このページのトップへ

好評発売中の、魚食と日本人が、

12月9日発売の水産経済新聞で紹介されました。

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

好評発売中の、日本の風穴が、

11月22日発売の上毛新聞日曜読書欄「本の森」で紹介されました。

 

 

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

好評発売中の、シリーズ大地の公園『北海道・東北のジオパーク』が、
11月15日発売の岩手日報で紹介されました。

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

好評発売中の、シリーズ大地の公園『中部・近畿・中国・四国のジオパーク』が、

6月26日発売の信濃毎日新聞(朝刊)で紹介されました。

 

 

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

好評発売中の、シリーズ大地の公園『中部・近畿・中国・四国のジオパーク』が、

6月24日発売の福井新聞で紹介されました。

 

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

KOKONフィールドノートが12月16日発売の徳間書店のムック『グッとくる文房具2015』の、フィールドノートを特集した「野帳の王国」というページで、「地理学御用達のフィールドノート」として紹介されました。

 

       

このページのトップへ